大使館のレターでコロナビザ

このコロナの状況で、ビザなしでタイに滞在している外国人については、自国大使館(日本大使館)のレターをもらったのち、イミグレーション(入国管理局)に行き、まず、15日ほど滞在を延長してもらいます。そうして、もう一度、イミグレーションに行くと、もう45日延長され、都合60日いることができる、とイミグレーションが告示しています。

11月中にイミグレーションに申請するように、と告示していて、遅れると遅滞料が発生するとしています。初めの15日申請時に1900バーツ、2度目の45日の際は費用はかかりません。

イミグレーションの場所については、チェンワッタナから少し離れたムアントンタニーになります。

バンコクでの90日ごとの出頭場所は、チェンワッタナのイミグレーション(入国管理局)からタクシーで20分ほどの、ムアントンタニーセンターに移っているので、気を付けるように。そのほか、住居の登録TM30やコロナ滞在延長のスタンプも同じ場所に移っています。

2021年1月5日 タイ自由ランド掲載

 

関連リンク

->タイのニュース

->タイのニュースの情報

->労働許可証、Bビザ

->タイ自由ランドのホームページ

-> タイ自由ランドのFacebook

->タイのバンコクで起業

->会社閉鎖の情報

->会社設立の情報

->タイのバンコクで起業

->ビザ、滞在ビザ

→ タイで起業、会社設立

→ 実際の会社登記

→ 実際の税務登記

→ Bビザ、就労ビザ取得

→ 労働許可証取得

→ Bビザ更新、労働許可証更新

→ 会社設立料金一覧

→ 毎月の経理をまかせる

→ 入管、税務署、警察などのトラブル処理

→ 失敗から学ぶ!タイでのケース

→ ロングステイビザの取得

→ 結婚ビザの取得

→ 家族ビザの取得

->ビザの情報

->ロングステイビザの情報