高級賃貸オフィスビルが過剰供給に


高級オフィスビルが過剰供給に

近い将来、バンコク中心部でグレードAのオフィスの供給過剰が指摘されている。

最近の複合施設の建設計画が徐々に工事に入っており、TCCエステートのOne BangkokやThe Parq、サムヤーン・ミットタウンなども建設中だ。

また、セントラルも、プルンチット駅近の旧イギリス大使館の23ライで複合施設として、オフィスビルの建設を計画している。

そんななか、2019年にはグレードAのオフィスが78600㎡オープンするとしており、これらにはさきのTCCエステートの建設中のオフィスなどは含まれていない。

そのほか、ラマ9世やラチャダーなどでは、中国系企業などの進出も加速しており、また、バンナートラートのリノベートの物件18000㎡などもあり、この2~3年でグレードAのオフィスが供給過剰になるものと見られる。

2018年8月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

->賃貸オフィス仲介

 


 

->タイのニュースの情報

->レンタルオフィスの情報

->賃貸オフィスの情報