路線整備で郊外のランシットが脚光


路線整備で郊外のランシットが脚光

2011年の大洪水による被害がまだ記憶に残るなか、アユタヤやナワナコン周辺の工場も、タイ東部に移ったところもあり、今やタイ東部のチョンブリー、チャチェンサオ、ラヨーンはEEC地区として、新しく開発が進んでいます。

そんななかでも、ナワナコンに近いランシットは、タイ北部やイサーン地方への玄関口として再び注目を集めており、何といってもバンスー‐ランシットのレッドラインの高架鉄道が整備されることになり、現在工事が進んでおり、そのほか、ドンムアン空港‐スワンナプーム空港‐ウタパオ空港の高架鉄道も計画が進んでおり、ドンムアンから近いランシット周辺はバンコク北部の拠点として、土地代も5~10%上がっています。

また、ランシット周辺には大学が集まっており、タマサート大学、バンコク大学、ランシット大学があり、コンドミニアム、学生寮、アパートメントで23000ユニット提供されていますが、まだ十分でなく、7万人以上いる学生の住まいの需要があり、また、新入生が1年で8000人もやって来ていると言われます。

そんななか、ランシットでは1000ライに及ぶ開発が進められており、新規のコンドミニアム販売では1~2年前は、1㎡当たり7万バーツほどでしたが、現在では1㎡当たり10万バーツにもなっており、高架鉄道が開通すれば新規の物件が次々に出てくるものと思われます。

 

2019年7月5日 タイ自由ランド掲載

 

 


コメント

  1. 学生が多いところだと安くて量が多い食堂がたくさんあるイメージですが、ランシットの学生が多いエリアはどんな感じなんでしょう。レッドラインが完成したら、そういうところへも電車で行けるようになりますね。