日系と組み、低層2棟トンローでWalden Thonglor 13とWalden Thonglor 8開発へ


Walden Thonglor 8とWalden Thonglor 13の完成図

Walden Thonglor 8とWalden Thonglor 13の完成図

パタヤなどでも新規コンドミニアムを開発するハビタット・グループが、日本のList Groupと組み、トンローで低層の物件を開発する。

同社によると、株は62%、38%の割り合いで合弁で2社つくり、それぞれ8階建てのWalden Thonglor 8と、同じく8階建てWalden Thonglor 13を建設する。
トンロー8は広さ32.5㎡~71㎡で117室、価格は1㎡当たり235000~260000バーツとなり、トンロー13は広さ35~60㎡で122室、価格は1㎡当たり185000~220000バーツとなり、周囲の新規に開発される物件よりも抑えた価格という。

List Groupは横浜市に本社があり、国内での不動産開発、世界規模での不動産ネットワークの実績があり、東南アジアではシンガポール、フィリピン、インドネシアなどで投資をしており、続いてベトナムでも投資する見通し。タイは投資先として魅力があり、リスクも少なく、法律も整っており、プレミアムの不動産市場では伸びが期待できるとしている。

トンローの2物件は合わせて28億バーツの事業規模で、完成は2021年を見込んでおり、トンロー8の方では桝屋不動産も出資する。

2019年8月20日 タイ自由ランド掲載