エカマイゲートウェイに新装「UCCコーヒーローストリー」、専門店のプレミアムな味わい

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

BTSエカマイ駅直結のゲートウェイエカマイに入ってすぐ右側

BTSエカマイ駅直結のゲートウェイエカマイに入ってすぐ右側

ブラジル豆のアイスブリュードコーヒー(180バーツ)

ブラジル豆のアイスブリュードコーヒー(180バーツ)

8月にグランドオープンしたゲートウェイ・エカマイの「UCCコーヒーローストリー」では、世界のコーヒーをいろいろな抽出方法で味わえます。

ホット、アイス共通の抽出方法はサイフォン、ハンドドリップ、フレンチプレスがあります。

アイスコーヒーならウォータードリップのほか、アイスブリュードコーヒーもあります。

今回は実際にブラジル豆のアイスブリュードコーヒーを飲んでみました。

アイスブリュードコーヒーって、なんだろう?と思いながら、水出しコーヒーよりも手の込んだアイスコーヒーぐらいだと思っていました。

UCCのスタッフが持って来てくれたコーヒーはワイングラスに入っています。しかも泡立っていて、こんなアイスコーヒーは初めてです。

トレーには小さいグラスに挽いたコーヒー豆も乗せられています。スタッフによると、「コーヒーを飲む前に香りを楽しんでください」とのことです。

素直にコーヒーの香りをしばらく楽しみます。次に泡立っているアイスコーヒーを飲んでみました。氷が入っていない冷たいストレートのコーヒーです。泡の口当たりがまろやかで、それでいてしっかりしたコーヒーなので不思議な感覚です。

今までに飲んだことのないアイスコーヒーです。おいしいのでゴクゴク飲んでしまいましたが、最後まで泡があって香りも逃げないのがいいです。

アイスブリュードコーヒーについて、UCCのホームページを見てみると『UCC独自のスペシャルサーバーでいれる、新感覚のアイスコーヒー。まるでムースのようにきめ細やかな泡が、今まで体験したことのないまろやかな口当たりを実現。口に含んだ瞬間ひろがる芳醇な香りと深い味わいが、あなたに最高の一杯をお届けします』とあります。

おいしいコーヒーを飲むため、試行錯誤の末にこういった技術が生まれたのでしょう。

UCCの直営店はゲートウェイ・エカマイのほかにアイコンサイアムに入居する高島屋内とBTSサイアム駅前のサイアムパラゴンの紀伊國屋書店内に店舗があります。

コーヒー以外のドリンクやサンドイッチなどもあるので、待ち合わせなどにも最適です。

コーヒー専門でしか飲めないUCCのアイスブリュードコーヒーをぜひ試してみて下さい。

そのほか、UCCではレストランや喫茶店などへの業務用コーヒーの卸販売も承っています。詳しくは担当のタケムラまでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

UCC Coffee Thailand の広告2020年9月20日 タイ自由ランド掲載