タイのニュース

中古車市場が回復!?出費抑え、新車購入控える

投稿日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

タイでは中古車市場の低迷がここ数年続いているが、大手の中古車販売会社マスターグループによると、今年は過去の状況よりもよくなっており、昨年に比べ販売は20%増といい、来年もさらに状況はよくなると見ている。

これは消費者が出費を抑えるため、新車購入を控え、中古車に目を向けているとして、同社では今年の販売は2000台ほどとなり、業界全体の販売は1年で200万台ほどという。

3年落ちまでのコンパクトカーやセダンが人気で、トヨタのアルティス、ヴィオス、ホンダのシビック、シティーなど。3年ほどまでなら状態は新車と変わらず、それでいて価格は25%安いものなども出回るとしている。

タイでは中古車は日本ほど値崩れせず、例えば、新車でトヨタのヴィオスを65万バーツで買った場合、3年後に5万㌔ほどのものは、45万バーツほどで売れる。

5年以上たったものでも、走行距離が7~10万㌔以上であっても、25~40万バーツ台の価格で売れるのが普通だ。

2016年1220日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース


 

->タイのニュースの情報

->中古車販売の情報の情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.