ラマ9世付近のコンドミニアムが値上がり


ラマ9世付近のコンドー値上がり

地下鉄が通るラマ9世の交差点からタイ文化センターまでのラチャダーピセック通りでは、新規のコンドミニアムの価格は上がり続けており、今年から来年にかけて1㎡当たり25万バーツ以上の物件も出てくる見込みだ。

現在、平均では1㎡当たり13万バーツほどだが、ここ1~2年では18万バーツほどのところも多く、スクムビットのオンヌットからバンナーの間の新規物件よりも高値になっており、それでも中国人などの購入が目立つという。

 

2018年3月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

 


 

->タイのニュースの情報