ネットショップ激戦、中国と組むセントラルが参入


ネットショップ激戦、中国と組むセントラルが参入

タイでもオンラインでの商品販売は激戦だが、現在、断突なのはLAZADAで、月間6330万人がサイトに訪れている。

続くshopeeはシンガポールからで、月間1700万人。さらに韓国からの11ストリート月間550万人、JIB月間315万人、タラット・ドットコム月間290万人と続いている。

LAZADAは中国の大手アリババが買収しており、また、アリババはタイでは大手セントラルと組み、オンラインショップを立ち上げる段階で、今後は、LAZADA、セントラル、shopeeによる顧客獲得が激しくなりそうだ。

一方、大手のTCCグループも老舗のタラット・ドットコムの株を取得し、参入する意向で、また韓国の11ストリートは、投資を追加するパートナーを探しており、ひところの勢いはなくなっている。

 

2018年5月20日 タイ自由ランド掲載

 

->タイのニュース

 


 

->タイのニュースの情報

->ネットショップの情報

 


コメント

  1. タイでのオンラインショッピングは注文は便利でいいですが、配達に来るのが遅れることが多かったので最近では使わなくなりました。雨が多くなるこれからの時期は渋滞で遅れることも増えるでしょうね。