コンドミニアムの内装事業も活況


コンドーの内装事業も活況、予算少ない若い人向けも

景気低迷でコンドミニアムの販売が停滞しているタイだが、コンドミニアムの内装などのビジネスは活況のようだ。

3年前から立ち上げた10DK社は、コンドミニアムの内装を主に手がけ、昨年は60部屋ほどだったが今年は1~6月までにすでに同じ量をこなし、倍々の勢いで伸びている。

主に受けているのはコンドミニアムで、その中でも賃貸に出すための部屋の内装をたのむ人が多い。

当初は豪華な内装パッケージで38万バーツなどの料金を選定していたが、若い人で予算が少ない条件等も受けており、ファニチャーなどは、それぞれの部屋に合ったオーダーメイドを取り付けるのが強味という。

すべてオンラインのウェブで受けていて、内装デザインなども実際の作業に入る前に、自分の部屋の想定でデザインを確認できるという。

2017年9月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売

->「貸します」情報

->賃貸アパート物件紹介

->賃貸アパートの仲介

->賃貸オフィス仲介

 


 

->新築コンドミニアムの情報

->新規コンドミニアムの情報

 


コメント

  1. コンドミニアムやアパートがたくさん建てられているので、しばらく忙しい業者ではないでしょうか。備え付けの家具は趣味が合わなかったりすることもあるので、部屋に合ったサイズでオーダーメイドできるというのもいいですね。