パタヤで1万戸売れ残り、コンドミニアム市場は停滞

コンドミニアム市場は停滞、パタヤで1万戸売れ残る!

EECの経済効果を期待するタイ東部地区だが、その中でチョンブリー県のパタヤはすでに世界的な観光都市でもあり、外国人観光客が多く避暑にやって来ている。

また、バンコクに住むタイ人にとっても、一番近いリゾート地として、パタヤにコンドミニアムの部屋を購入するサラリーマン、OLなども多い。

同県の不動産情報センターなどによると、7年ほど前からコンドミニアムのブームがやって来て、1年で15000部屋ほど提供されてきたものの、ロシア人の撤退などもあり、4年ほど前からコンドミニアムの市場は停滞しており、まだ、10000部屋が売れずに残っている状態といわれる。

地域別で見ると、オンアマートは90%以上売れているが、70%しか売れていないのがナージョムティエン地域の物件。海に近く、まだ開発する土地も多く残っている地域だが、中国人の観光客の宿泊などに使われているが、購入という点では供給過多となっている模様。

このため、EECによる東部シフトで、コンドミニアムの購入者を期待はできるが、実際にはまだ当分先になる見込みで、現状ではコンドミニアム市場はパタヤでは停滞している。

 


2018年2月20日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

 


 

->タイのニュースの情報

->EECの情報

->タイ東部経済回廊の情報

コメント

  1. パタヤに行ってみると、至る所にコンドミニアムの宣伝があって、供給過剰という印象を受けます。EECの開発が進めば、観光ではなく普通に住むために購入する人が増えそうです。