ウェブ ショップのLAZADAがEEC内で投資へ、BOIの免税要望

ウェブ ショップのLAZADAが投資へ、EEC内でBOIの免税要望

EECへの投資を表明している中国のアリババグループのオンラインショップ「LAZADA」だが、タイ工業省大臣によると、バンコクに近い300ライで事業を検討しており、8月にはその場所がわかるとしている。Eコマースパークとロジスティックセンターを兼ね、アセアンの中心として輸送等も機能させるという。

また、BOIの法人税15年免除なども求めているとしており、フェース1では今年末に建設を始め、稼働は2019年になる見込み。

EECでは、シラチャーにタイランド・デジタルパークの建設を打ち出しているが、LAZADAとも連携していくとしている。

2017年7月20日 タイ自由ランド掲載

->LAZADAのホームページ

->タイのニュース


 

->タイのニュースの情報

->EECの情報

->タイ東部経済回廊の情報

コメント

  1. LAZADAで買い物をしてメールマガジンに登録すると、ものすごい数のメールでおすすめ商品の画像が送られてきます。定価より安いので、ついつい買ってしまいたくなりますね。