Tag Archives: 就労ビザ更新

日本人がタイで働く場合は、ノンイミグラントのBビザを取り、労働許可証を取得して働くことになる。その時、条件として、タイ人を4人は雇用しなくてはならないというのがある。

その場合、本当に4人以上必要な会社は問題ないのだが、4人もタイ人を雇う必要がない、という場合は名義借りなどをしているケースもある。

例えば、自動車の部品の売買をしており、商品を買って、日系の会社に売るため、自分が1人ですべてをこなせる、という場合は、タイ人が必要ない。

あるいは、技術者としてフリーで雇われているのだが、労働許可証はその会社から出ない、という場合は、自分で会社をつくって雇われる必要があり、従業員は必要ない。

そういうケースで、タイ人の従業員が4人も必要ないという時は、名義借りをしている会社もあるだろう。

もちろん、タイ投資奨励委員会のBOIの認証を取れれば、4人もの雇用は必要なく、日本人の労働許可証が取れる。

しかし、タイで商品の販売等をする場合などは、タイ法人の会社でなければならず、BOIの認証が得られる業種に合致しない。

一方、爆弾事件以降、カンボジア国境でのイミグレーション(入国管理局)の汚点なども発覚し、軍事政権による同機関への締め付けが強化され、現在、その業務の中の1つである従業員の名義借りでのビザ更新がバンコク管内では難しくなっている。

それまでは名義借りを黙認していたイミグレーションだが、9月なかば以降、一切の賄賂等も受け取らず、Bビザの更新を却下している。

労働許可証の発行は労働局でこちらはすんなり1年が取得できる。それに付随するBビザはイミグレーションが管轄で、1年に1回更新をする。まず1カ月のスタンプが押され、その間が査察官の見回り期間とされ、その後、11か月のスタンプが押される。

現在、この査察が厳格に行われており、名義借りなどでしのいでいる会社については、見回りが入り、Bビザの延長が大変厳しくなっている状態だ。

タイ自由ランドの事業部でもビザ代行業務を行っているが、ある日本人代表の会社でその人の1カ月のBビザ更新で、「査察が入るだろう」と担当官に指摘され、従業員を用意できないため、Bビザを自らキャンセルし、会社閉鎖した人もおり、容赦ないイミグレーションの姿勢がうかがえる。

普通、こういった厳格な対応は、イミグレーションでも過去に何度かあり、しかし、タイではなかなかそれが長続きしないという「よさ?」があり、元に戻っていたという経緯がある。

今回も9月なかばから1カ月ほどで、元に戻るだろうという風にみられていたが、11月なかばまでまだ、厳格に行われており、少なくとも今年末まではこの状態が続くのでは、という状況だ。

そのため、名義借りをして会社の運営をしている日本人等で、まもなくビザ更新がある、という場合は、その対応を考えておく必要があるだろう。

2015年11月20日 タイ自由ランド掲載

 

ビザ、毎月の経理等の問い合わせ先

 

 

 

異国の地であるタイでは、思わぬ時にトラブルが起こり、その解決方法や手段に苦慮する場合があります。日常で発生する些細なトラブルから会社・工場のトラブル、法律相談・裁判・緊急警察案件まで、突然の出来事に困ってしまったら「バンコク・ビザ・コンサルティング」にご相談下さい。

同社の独自の強みとしては、各種機関に確かなネットワークがあることが挙げられます。このパイプをフル活用して、日本人の方々のトラブルに対応していきます。

初回の相談は無料で、お電話で予約をいただければ、日本人が対応します。また、各トラブルに関しては経験30年のタイ人弁護士と、各種機関に確かなネットワークを持つタイ人交渉人が行います。

特に役所の申請・更新トラブルや、日本大使館・所轄警察署が取り合ってくれない案件を得意としています。

示談・穏便な解決策・裁判・役所との交渉対応。
ビジネスにおけるトラブル防止策を含めた契約書の作成、緊急警察案件(警察に拘束された、事件に巻き込まれた、警察が取り合ってくれない)もお任せできます。

また、今まで裁判費用の高さがネックであきらめていた方でも、良心的な安心価格で御見積りしますので、まずは相談下さい。

その他、ビザも格安。コンドミニアム売買仲介・会社設立・工場操業許可なども、格安で行っております。

下の広告も参照で。

2014年10月5日 タイ自由ランド掲載

-> バンコク・ビザ・コンサルティングのホームページ

タイでのトラブル解決から、ビザ取得まで「バンコク・ビザ・コンサルティング」にご相談下さい

タイでのトラブル解決から、ビザ取得まで「バンコク・ビザ・コンサルティング」にご相談下さい