和牛

タイのバンコクで、和牛がおいしい店を紹介します。

ランチ

オールラウンドに使えるタニヤのクルーズ・レストラン

タニヤ通りの「クルーズレストラン」。 17時から居酒屋メニューもあり、仲間と宴会にも気軽に使えます。 豪華クルーズ船を思わせる内装で個室(要予約)も完備しているので、これからの季節は忘年会にもどうぞ。16~18名様を収容できる団体様向けの個室です。 和牛や黒豚を使ったしゃぶしゃぶやステーキなどのほか、日本からの新鮮な魚介も仕入れており、各テーブルで焼くことができる「海鮮浜焼き」はみんなで楽しめます。 サザエをはじめ、バイ貝、ムール貝、大あさり、殻付きホタテ貝の「貝盛り合わせ(999バーツ)」やお一人様でも気軽にちょい飲みができる「晩酌おまかせ浜焼きセット(559バーツ)」などお勧めです。 営業は午前11時半からとなっており、ランチタイムは午前11時半から17時まで、ランチメニューはVATとサービスチャージはいただいておりません。 2019年10月5日 タイ自由ランド掲載  ->料理の鉄人の店「クルーズレストラン」のページ -> 料理の鉄人の店「クルーズレストラン」のFacebook -> タイの日本料理...
ランチ

タニヤ通り「クルーズレストラン」は鉄人に勝利した料理長が腕を奮う!

接待にも居酒屋としても使えるタニヤの日本料理店「クルーズレストラン」では、日本直送の魚介類も豊富に取り扱っています。 料理長はタイ版『料理の鉄人』に出演し、鉄人に勝利した腕利きの職人が担当いたします。 旬の刺身はもちろん、煮物、焼き物など、素材に合った調理で納得の逸品を提供いたします。 9月からが旬となる日本の魚介も随時入荷いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。 個室での宴会予約も承ります。特別な方のおもてなしに是非ご利用下さい。 一方、ランチタイムはシーロムやスリウォンでで働くビジネスマン向けにステーキ、サラダ、スパゲティなどを用意しています。ランチタイムのメニューは11時半から17時までご利用いただけます。 2019年9月5日 タイ自由ランド掲載  ->料理の鉄人の店「クルーズレストラン」のページ -> 料理の鉄人の店「クルーズレストラン」のFacebook -> タイの日本料理店 -> 寿司、刺身が新鮮な店 -> 居酒屋 ->接待に使える店 -&g...
ランチ

タニヤ通り「クルーズレストラン」は有名シェフが腕を奮う!

タニヤ通り「クルーズレストラン」は、店内に数々のトロフィーやメダルがありますが、料理長のYugiさんとTueさんが獲得したものです。 人気テレビ番組「アイアンシェフ」に出演したほか、さまざまな料理コンテストでの入賞歴を持っています。 タニヤ通りで個室もあり、接待にも使えるレストランです。 和牛ステーキやしゃぶしゃぶのほか、居酒屋料理なども豊富なので、仕事帰りの晩酌にもご利用いただけます。 ランチ営業時間は午前11時半から17時までで、いつでもランチメニューをオーダーできます。 ドリンクのみでもOKなので、昼間の休憩にアイスコーヒーや紅茶を飲みに立ち寄ることもできます。14時以降は店内での喫煙も可能です。喫茶店のような感じで気軽に立ちよってみるのもいいでしょう。 個室は予約必須なので、広告内のラインでお問い合わせ下さい。 2019年8月5日 タイ自由ランド掲載  ->料理の鉄人の店「クルーズレストラン」のページ -> 料理の鉄人の店「クルーズレストラン」のFacebook -> タイの日本料理店 ...
ランチ

タニヤ通りに料理の鉄人の店「クルーズレストラン」がオープンしました

タニヤ通りに、料理の鉄人が腕を振るうレストラン「クルーズレストラン」がオープンしました。 店内は豪華クルーズ船を思わせる造りで、和牛を使った「ステーキ」や「しゃぶしゃぶ」が自慢の店です。 日本からの新鮮な魚介も仕入れており、各テーブルの目の前で焼くことができる「海鮮浜焼き」も楽しめます。 ランチ営業時間は午前11時半から17時までで、いつでもランチメニューをオーダーできます。忙しくてランチタイムを逃してしまったビジネスマンもいつでもランチがいただけるのはありがたいですね。 ランチのメニューは、和牛サーロインステーキ(999バーツ)、和牛フィレステーキ(1199バーツ)のほか、ペペロンチーノ(219バーツ)、ボンゴレ(239バーツ)、ミートソース(249バーツ)、カルボナーラ(259バーツ)など。ライス・スープ・サラダのセットがプラス150バーツ、スープ・サラダセットがプラス100バーツとなっています。ランチメニューはVATとサービスチャージはいただいておりません。 ドリンクのみでもOKなので、昼間の休憩にアイスコーヒーや紅茶を飲...
2019.07.06
和牛ステーキ、和牛焼肉

ビジネスのアイデア!カウンターに和牛生肉を並べ、それを焼いて立ち食い

バンコクの「食」はどんどん進化しているように見えるが、それでもどちらかといえば、日本からのブームや欧米からの波を受けて、それが流行になっている面がある。 最近、東京の新宿に出現した焼肉店はおもしろい。店のカウンターに冷蔵のケースがあり、奥の壁にはメニュー札が並ぶ。客が注文した和牛肉をその冷蔵ケースから出して、ひと切れ単位で皿にのせて提供する。それをテーブルの上の焼き台で焼く。それも立ちぐいで! 自分の好みに合わせていろんな種類の肉を、例えばひと切れ150円、という値段でオーダーできるのでおもしろい。 このスタイルをこのままバンコクに持ってくると、どうだろう。まず、「スタンディング焼肉」というのは難しいかも。基本的にタイではスタンディングの店ははやらない。 しかし牛肉も、以前のタイの基本でははやらなかったものだが、今ではタイ人は好んで食べる! スタンディングについてもその壁をぶち破るべく、都心のど真ん中で出店するのはどうだろう。ポイントは欧米人や旅行者が通える場所にすることだろう。タイ人は積極的にこういう店には行かないから、まず、自国で慣れている欧米人などの来店を促すというも...
タイ関連コラム

日本産和牛が人気急上昇、さらに伸びるタイでの消費

海外での認知度が高まっている和牛は、英語ではジャパニーズ・ビーフでなくそのままWAGYUと表記されることが多く、最近はタイにもどんどん日本の和牛が入ってきています。日系店のみならず和牛を提供する飲食店舗が増えており、人気番組、タイ版料理の鉄人でも、勝負の素材として、和牛は登場しています。 以前は担ぎ屋が店舗からオーダーを受けて、直接運んでいるケースが多かったですが、タイでの和牛の需要が増えるとともにタイへ和牛を卸す日本の業者も増えました。 2013年より鹿児島産黒毛和牛をタイへ出荷している福岡県の福永産業に話を聞くと、年々タイへの出荷量は増えていて今後も増加する見込みといいます。今年の出荷量は対前年比+37%で増加しており、タイでは霜降りの多い部位が人気だそうです。 パラゴンやエンポリアムなど高級ショッピングモールの食肉売り場へ行ってみると、和牛はかなり広いスペースを取っていて、販売に力が入っています。 オーストラリア和牛というのもあり、和牛は日本の牛のことではないのかと混乱しますが、和牛とは日本産の牛という意味ではなく、特定の品種のことなので、アメリカ和牛、スコットランド和...
2015.11.17