日本人向け実績20年以上のポンサク歯科

本帰国前の治療も柔軟に日本人向け実績20年以上のポンサク歯科

タイで日本人に最も安心して治療が出来る歯科医院が「ポンサク歯科」。日本人向けに20年以上の実績があり、日本語ペラペラのポンサク先生を始め、日本語可能なスタッフもおり、日本人向けに万全の体制を整えています。

日本の保険治療も可能なので、聞いてみて下さい。そのあたり、経験豊富で、できるだけ保険適用ができる方法なども提案してもらえます。

年度末で本帰国が決まっている場合は、先生に相談すると柔軟に対応してもらえます。

たとえば、複数の治療が必要な場合は緊急性の高いところを優先的に治療して、急がなくてもよいところは日本での治療をすすめてくれます。

また、コロナ感染予防のため、1回の診察にかかる時間を短縮して診察室の消毒や殺菌などを行っています。一定時間の空室状態を保ちながら、空気清浄機で殺菌しています。

そのため、通院回数が増えるケースもありますが、事前に治療費の見積もりとともに患者に説明してくれます。
ポンサク歯科では、インプラント治療も1セット8万バーツでしています。薬代は別となりますが、日本では30万円から50万円はかかる高額治療なので、タイ滞在中にインプラント治療を受ける人もいます。特に入れ歯が合わない人にはインプラントをすすめています。

インプラント治療をするには、レントゲン撮影や型取り、さらに治療前に十分な説明をするため30分ほどは話を聞く必要があります。

ポンサク先生によると、インプラントはあごの骨に埋め込んで定着させるために最短でも4ヵ月、できれば6ヵ月くらいかけるのがいいとのことです。

インプラントといえば、以前はヘビースモーカーには適用できないと言われていましたが、今は技術が発達して治療ができるケースも増えているそうです。それでもやはり、インプラントを希望する人には治療前に禁煙をすすめています。

ほかには差し歯などの義歯についても、日本の保険適用の素材も使えるので気軽に相談してみるといいでしょう。日本の保険ではプラスチックやメタルは使えますが、セラミックだと保険適用外になるので、どうしても高額になります。

また、虫歯とは別に急な痛みを引き起こすことがある親不知の抜歯もしています。歯の向きなどによって、治療費が変わるのでまずはレントゲン撮影をしたうえで見積もりを出してくれます。治療費としては、3,000バーツ~7,000バーツほどになります。

そのほかの治療費については表を参照して下さい。

ポンサク歯科への予約は日本語で可能です。電話番号は下の広告を参照で。

 

Google 口コミ情報 ポンサク歯科

ポンサク歯科の広告2022年2月20日 タイ自由ランド掲載

関連リンク