日本の中古列車を観光列車に改装へ

日本の中古列車を観光列車に改装へ

 日本の観光列車(じゃらんから)
日本の観光列車(じゃらんから)

日本ではすでに観光のプレミアム旅行として定着している「観光列車」だが、タイでも日本の JR北海道から購入した中古列車を改装して、観光列車としてタイ国内に走らせる、とタイ国鉄道では話している。

内装等を10台予定しており、全体で1億バーツほどの予算での改装を見込んでおり、来年2月までに業者を入札で決めるという。豪華な観光列車の旅がタイでもできるようになる。

チェンマイ~ランパン、バンコク~ナムトック(滝)での走行を見込んでおり、2022年11月ごろから順次、導入する予定。列車は現在、シラチャーに駐車している。

 

2021年8月20日 タイ自由ランド掲載

関連リンク