追加で新規保険加入がよい

追加で新規保険加入がよい

最近よくある100万バーツを軽く超える治療費に対応するためには、『保険の見直し』や『切り替え』ではなく、現在お持ちの保険はそのまま大切に継続し、新たに上乗せ追加の新保険を手配し、特に新保険では現行の保険金額を免責金額と設定する組み合わせ方式が格安になり、単純に追加の保険を買った場合と比べて6割も軽減できます。

邦人には馴染みのない保険の高額免責設定や、高額自己負担(Retention)は複数の保険を組み合わせることにより、 保険料が大幅に安くなるメリットがあります。手ごろな保険料で無制限保障を確保する手段が新『トップアップ』保険です。

タイ入国には10万ドル以上の医療保険が必要ですが、保険期間が最低1年をクリアしていることも必要です。
もし、タイ入国直後に保険を解約してしまったりすると、保険会社は移民局に解約通知をアップロードしますので、再度出国時にトラブル発生事態も想定されます。

このたび「パシフィッククロス医療保険会社」では、在日タイ大使館で必須とするタイ滞在期間中の10万ドル以上かつ、新型コロナウイルス特記を含む医療保険をご用意し、負担の軽い安い保険料の商品をご用意しています。
また、厳しくなったリタイヤメントビザ(ロングステイビザ)取得に必要となる医療保険について、99歳まで継続して更新することが可能です。

そのほか、発足から26年の実績のある邦人医療共済保険は加入者の年齢にかかわらず全員一律同額の保険料で、また将来、保険を使った場合でも、特定の加入者の保険料が上がったりすることのない共済制度です。

パシフィッククロス医療保険会社の広告2021年4月5日 タイ自由ランド掲載