Grabバイク

ニュース

デリバリーで日本料理も人気

タイでも自宅待機の状態が続いたが、この時期、デリバリーのGrabフードの売り上げが数倍以上で、街の中ではGrabのデリバリーバイクを至るところで見られ、一人勝ちの様相だ。   Grabのフードデリバリーでは、昼と夜の注文が多く、人気ナンバー5では ①タピオカミルクティー ②クイッティアオ(タイラーメン) ③ガイトート(鶏唐揚げ) ④ムートット、ムーヤーン(豚肉揚げ、豚肉焼き) ⑤日本料理、となっている。   一方、Grabで働く人の申し込みも急増しており、ネットのgrab. com /thのパートナーから簡単に申し込めて、「3万バーツ以上の収入」の見出しが踊っていて、求人を募集している。 2020年4月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->宅配、デリバリー ->食品デリバリー
2020.04.24
ニュース

デリバリー大手の運賃は30%

テレワークが推進され、自宅待機を強いられ、それらの人向けのビジネスとして活況なのがフードデリバリー。 街中では緑のGrabのロゴ入りのバイクデリバリーが目立つが、そのGrabによると、店からのコミッションは30%に統一しているといい、店からの申し込みは1日に2千店にのぼり、売り上げも6倍の勢いで、4月中にバイクスタッフも35000人を新たに採用し対応している。 一方、対抗馬のフードパンダも同じく、店からのコミッションは30%で、こちらは5万店の登録があるといい、1週間に7000店の新規登録があるという。そのためスタッフを増員して対応している。そのほか、ラインマンも店からのコミッションは20~30%でデリバリーしているという。 2020年4月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->宅配、デリバリー ->食品デリバリー
2020.04.24
ニュース

競争激化!フードデリバリー、Grabは50%以上のシェア?

  バンコクの渋滞が一層、激しくなるとともに、デリバリー事業が広がっており、フード関連ではすでに、フードパンダやラインマン、ウーバーイーツなどが乱立しているが、タイの流通大手セントラルと組んで、シェアは50%以上を獲得したというのがGrab food。 同社によると、タイのデリバリーフード事業の50%以上を獲得しており、今年4ヵ月のデータではすでに400万回のオーダーがあり、昨年1年間では300万回だったので、急増しているという。今年1年のオーダーは2000万回を見込んでいる。 同社は本格的にタイでのフードデリバリーを開始したのは昨年2月からだが、今年1月末にセントラルグループと組んでから、一気にシェアを伸ばしている。 一方、新参で今年2月から進出しているのはGET。インドネシアの配車サービス大手ゴシェックによるもので、GET WIN、GET DELIVERY、GET PAYとともに力を入れているのがGET FOOD。 現在、提携のレストランは2万軒以上で、ドライバーは2万人以上を確保しているといい、タイのバンコクではまだフードデリバリーの利用が少なく、シェア...
2019.08.26
ニュース

Grabバイクは違法!バイクタクシーらが抗議

  タクシーでは、一般に知られるようになっているGrabタクシーだが、バイクのモーターサイタクシーも、アプリケーションで行っている件について、街角に陣取るモーターサイタクシーらが抗議行動をしており、タイ陸運局でもGrab社との話し合いを持っており、現時点では、登録しているバイクで、登録している人がオレンジのチョッキを着てサービスを行っているのが正規のバイクタクシーであり、その方法を取っていないGrabバイクは違法、との見解のため、外国人でアプリによりバイクなどを利用する人も、違法であることに気をつけたい。 スマホなどで簡単に呼び出せて、そこに登録しているバイクタクシーのため安全だとして、Grabバイクを使うタイ人などもいるが、以前、パタヤなどで、違法のタクシーが乗客とも降りる際に取り囲まれたケースもあるため、我々、外国人も利用の際には用心することが必要だ。   2018年6月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2018.06.15