直行便

ニュース

タイライオンエアが 直行便!日本行き格安航空券

  年々、タイ人の日本行き旅行は増加しており、日本政府観光局(JNTO)によると、2018年は113万2100人にのぼり、2017年の987000人より14.7%増となっている。 一方、タイに行く日本人も増加しており、2018年は165万人で、7.23%増。今年は175万人が見込まれ、2020年には200万人を想定している。 これに伴い、タイ‐日本の航空便も、ローコストの格安航空券(LCC)が急速に出回り、タイ人が最も多く訪れる4月でもまだ席がとれるなど、選択肢が広がっている。 タイエアアジアXの幹部によると、この4月は1年で最もタイ人が日本に訪れる期間で、ソンクラーンの休暇があり、また、ちょうど桜の花見ができる時期と重なっているためとしている。 すでに予約は70%以上で、今月中にはおそらく、90%以上になるとしている。 バンコク‐東京は2便から3便に、バンコク‐大阪も1便から2便に増やし、すでにそのほか、札幌や名古屋への直行便もあるが、今年は1~2ヵ所、直行便を増やすとしており、現在の乗客の割り合いは、タイ人60%、日本人40%ほど...
ニュース

バンコク-札幌の直行便を開始

  格安航空券のタイ・エア・アジアXが、バンコク‐札幌の直行便を4月10日より就航する。毎日1便で、夜に出発し、早朝、着く便で、帰りは朝出て夕方、バンコクに着く。現在、予約すると片道、4990バーツなどで購入できる。 その多くが日本に旅行へ行くタイ人が利用することになるが、日本人の利用も現在の25%から今後40%へと増やしたいとしている。 2017年のタイ人の日本行きは全体で98万人にのぼり前年比9・5%増だった、今年は100万人を突破するものと思われる。また、北海道は東京に次いでタイ人に人気で、全体のうち、16%が北海道に行っている。 2018年2月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報  
2018.02.22