手打ちのそば、うどん

五の字

トンローの「そば切り五の字」で、お酒とつまみ、そばを楽しむ

仕事帰りにトンローのソイ・タラロム2にある「そば切り 五の字」に寄りました。間接照明で演出された店内は、落ち着いた雰囲気で、肩の力を抜いてリラックスできます。 今日はひとりでしたのでカウンターに座りましたが、BGMにジャズが流れていて蕎麦屋に来たというよりは、小粋なバーに立ち寄ったという感じです。 まずそば屋のポテサラをオーダー。これは前に来た時に気に入って、また食べたいと思っていました。揚げた蕎麦の実とカリカリベーコンが、入っていて軽い口当たりです。 次にそばがきの磯辺焼き。そばがきを磯辺焼き風にしたもので、わさびを少しつけて食べると、海苔の風味がさらに引き立ちます。そばがきの独特の食感もおもしろいです。今回は日本酒でなく、ビールを飲みましたが、意外とビールとの相性が良いです。 地鶏もも唐揚げは、噛めば噛むほど旨みが出てくる感じです。生産者から直接購入している地鶏だけのことはあります。 最後にまだ食べたことのなかった蛤そばを頂きました。磯の香りと出汁の香りが、ちょうどいい具合に合わさっていて、ゆずのアクセント効いています。...
ランチ

WESTうどん居酒屋で半額祭、2月22日(金)~3月3日(日)

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、WESTうどん居酒屋で半額祭、2月22日(金)~3月3日(日)を紹介しています。
個室がある日本料理店

カウンターで一杯も居心地よい「蕎麦十番」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、カウンターで一杯も居心地よい「蕎麦十番」を紹介しています。
ランチ

ウエストうどん居酒屋新春「半額祭」1月21日(月)~31日(木)

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ウエストうどん居酒屋新春「半額祭」1月21日(月)~31日(木)についての記事を紹介しています。
個室がある日本料理店

忘新年会は焼肉あずまで!生そばあずまは年末年始は休まず営業

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、忘新年会は焼肉あずまで!生そばあずまは年末年始は休まず営業についての記事を紹介しています。
ランチ

12月24日~30日ウエストうどん居酒屋 年の瀬 半額祭

  ウエストうどん居酒屋では、12月24日(月)から30日(日)まで、年の瀬半額祭を行います。この機会にぜひお越しください。 博多と言えばとんこつラーメンが有名ですが、博多うどんも長い歴史を持つ博多の名物です。自慢の出汁は手作りで、いりこと鰹節の風味がいっぱい。天然の旨みを引き出し、柔らかいうどんとよく絡み合います。 うどんと丼ぶりものやカレーライスを組み合わせたセットも充実しており、 ミニ天丼セット、ミニカツカレーセットなどボリュームも満点です。 店内は、カウンターとテーブル席があり、2階にもテーブル席があり15~20人で貸切りすることもできます。 昼から夜まで通しで営業しているので、フジスーパーでお買い物の際に立ち寄るのに便利です。また居酒屋メニューが40Bからあり、一杯やった後で、シメにうどんという使い方もお勧めです。 ウエスト社は福岡県を中心に日本国内にうどん店を109店舗展開しております。   2018年12月20日 タイ自由ランド掲載 ->ウエストうどん居酒屋 のページ ->生そば ...
ランチ

生そばあずまの本マグロを使ったメニュー

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、生そばあずまの本マグロを使ったメニューを紹介しています。
五の字

「そば切り 五の字」で鴨鍋

「そば切り 五の字」で鴨鍋(五の字セット1500B)は、いかがでしょうか。 食通の中でファンの多い鴨は、噛むほどに脂の旨みが感じられる味の魅力はもちろんのこと、栄養価も高い奥深い食材です。ぜひお楽しみください。 「そば切り 五の字」では、玄蕎麦(殻のついたままのソバの実)の殻を取り、御影石の石臼で蕎麦の実を挽いてそば粉を作る作業を、全て店主自ら行っており、より新鮮な本物の江戸前蕎麦をご提供しています。 蕎麦以外のメニューにも、こだわりは徹底していて、板わさのかまぼこは、小田原の名店「丸う」のかまぼこ。本物のわさびを擦っていただきます。新鮮なわざびは、鼻にスッと抜けるので、清涼感すら感じます。かまぼこは、なんとも心地よい弾力があります。 きんぴらごぼうは、そば汁で味付けしたピリ辛。石焼きそば味噌は、熱した石の上にそば味噌をのせこうばしさ抜群の一品です。出汁巻き玉子は、地鶏玉子3個とたっぷりのかつお出汁でふわとろに焼き上げています。 場所はトンローのソイ・タラロム2を100mほど入った右手。店内は洗練された雰囲気です。全28席。6人入る...
ランチ

ウエストうどん居酒屋では9月17日(月)から23日(日)まで半額キャンペーンを行います

  ウエストうどん居酒屋では、リニューアルを記念いたしまして、9月17日(月)から23日(日)まで、半額キャンペーンを行います。この機会にぜひお越しください。 博多と言えばとんこつラーメンが有名ですが、博多うどんも長い歴史を持つ博多の名物です。自慢の出汁は手作りで、いりこと鰹節の風味がいっぱい。天然の旨みを引き出し、柔らかいうどんとよく絡み合います。 うどんと丼ぶりものやカレーライスを組み合わせたセットも充実しており、 ミニ天丼セット(260B)、ミニカツカレーセット(270B)などボリュームも満点です。 ウエスト社は福岡県を中心に日本国内にうどん店を109店舗展開しており、ウエストうどん居酒屋では、本場の博多うどんと居酒屋メニューをお楽しみいただけます。 店内は、カウンターとテーブル席があり、2階にもテーブル席があり15~20人で貸切りすることもできます。 昼から夜まで通しで営業しているので、フジスーパーでお買い物の際に立ち寄るのに便利です。 また居酒屋メニューが40Bからあり、一杯やった後で、シメにうどんという使い方もお...
ランチ

ウエストうどん居酒屋がオープン!

    フジスーパー1の近くのソイ35に、ウエストうどん居酒屋がオープンしました。(とんかつ&EGG BOWLのあった場所です) 生そばあずまや焼肉あずまを運営するウエスト社は、福岡県を中心に日本国内にうどん店を111店舗展開しており、ウエストうどん居酒屋では、本場の博多うどんと居酒屋メニューをお楽しみいただけます。 博多うどんの特徴は、出汁と麺の柔らかさにあります。自慢の出汁は手作りで、いりこと鰹節の風味がいっぱいです。うどん返しは50年の歴史のあるオリジナルブレンド。塩はにがりを残した伯方の塩を使用しています。 柔らかいうどんは温かくても冷たくても、のど越しが非常になめらか。うどんと丼ぶりものを組み合わせたセットもございます。 白木を活かした明るく清潔感のある店内は、カウンターとテーブル席があり、2階にもテーブル席があり15~20人で貸切りすることもできます。 昼から夜まで通しで営業しているので、フジスーパーでお買い物の際に立ち寄るのに便利です。 また居酒屋メニューが40Bからあり、一杯やった後で、シメにう...
五の字

「そば切り 五の字」のこだわり抜いた料理

  トンローのソイ・タラロム2にある「そば切り 五の字」は、蕎麦以外のメニューにもご店主のこだわりを感じることができる。 板わさのかまぼこは、小田原の名店「丸う」のかまぼこ。本物のわさびを擦っていただく。新鮮なわざびは、鼻にスッと抜けるので、清涼感すら感じる。かまぼこは、なんとも心地よい弾力がある。 きんぴらごぼうは、そば汁で味付けしたピリ辛。石焼きそば味噌は、熱した石の上にそば味噌をのせこうばしさ抜群の一品。出汁巻き玉子は、地鶏玉子3個とたっぷりのかつお出汁でふわとろに焼き上げている。 生産者から直接購入している地鶏を使った素揚げは、塩味だけでも堪能できる。最高の環境とえさで育てられた地鶏は、歯ごたえがあり、皮がしっかり厚みがある。そして噛めば噛むほど旨みが出てきて、本来、鶏が持っている野性の味を感じることができる。 また五の字では玄蕎麦(殻のついたままのソバの実)の殻を取り、御影石の石臼で蕎麦の実を挽いてそば粉を作る作業を、全て店主自ら行っており、より新鮮な本物の江戸前蕎麦をご提供してる。 店内は和とモダンのバランスの取れたシンプ...
ランチ

和食庵寺本店のアンテナショップ 「庵寺 天麺丼本舗」 ソイ33/1にオープン

  フジスーパー1号店のあるスクムビット・ソイ33/1に、和食 庵寺 本店のアンテナショップ「庵寺 天麺丼本舗」がオープンしました。 丼ぶりもの、天ぷら、うどん、珍むすなどを、気軽に楽しめます。 ランチ定食は、天婦羅フォンデュ定食(380B)、天婦羅麺定食(280B)、天婦羅定食(280B)、天丼定食(280B)の4種類があります。ランチタイムは、ワンドリンク・サービスを致しております。 またラマ9にオープンしている「庵寺てっぱん」は鉄板焼きのお店で100g単位で注文出来ます。(一部除く)       2018年6月20日 タイ自由ランド掲載 ->庵寺 天麺丼本舗のページ -> 庵寺 天麺丼本舗のFacebook ->和食 庵寺 てっぱんのページ ->庵寺うどん&珍むすのページ ->ダイニング庵寺のページ -> 庵寺のホームページ -> 庵寺のページ->うどん、そば ->タイの日本料理店 ->居酒屋さん  ...
ランチ

ラマ9に庵寺てっぱん、ソイ33/1にうどん珍むす

  開発が進むラマ9にオープンしている「庵寺てっぱん」。店名からわかるように、鉄板焼きのお店で100g単位で注文出来ます。(一部除く) 場所はラチャダー セントラルプラザに隣接した地下鉄出入口前。ラチャダー セントラルプラザ隣の「GタワーB階」。 営業時間は平日は11時半~14時半(ラストオーダー14時)、17時~22時半(ラストオーダー22時)、週末と祝日は11時~22時半(ラストオーダー22時)となります。ご予約は0921529869まで。 スクムビット・ソイ33/1にも庵寺のうどんと珍むすの店がオープンします。 エカマイビッグC3階にある庵寺の本店とラマ9店では、日本直送の生本まぐろから、定番の鍋料理など、450種類以上という幅広いメニューをお楽しみいただけます。下の広告も参照で。 エカマイの本店には、和室の個室などバリエーションに富んだ個室が充実しています。 ラマ9店は、本店同様、駐車場完備で、大小個室が揃っています。全107席あるゆったりした空間になっています。日本人のフロア担当常駐なので、安心してご利用頂けます。...
料理

暑い日には「生そばあずま」のスタミナぶっかけ

  生そばあずまの人気メニューのひとつスタミナぶっかけは、暑さでバテ気味の時にぴったり。蕎麦の上にスタミナ抜群の食材がたっぷり乗っていてます。 また本鮪中落ち丼セットも、暑くてさっぱりしたものが食べたいときにお勧め。本鮪は築地直送というだけあって、とても新鮮。さらに海苔としその風味が加わり清涼感たっぷりです。 生そばあずまのバンコク1号店はソイ33にあり、個室もございます。2号店は、半個室がたくさんあり、夕方から仲間とプライベートに一杯やるのにぴったりです。 2号店はフジスーパー1号店も近く奥様同士でお買い物の際に立寄るのもよいでしょう。BTSプロンポン駅から徒歩3分です。 3号店は、ソイ49のサミティベート病院の少し奥にあるサービスアパートメントWORAの1階にあります。入り口はアパートのロビーに入ったところです。地下3階までたっぷり駐車場があります。駐車場の入口はソイ49側です。 4号店はタニヤ通りにあります。 居酒屋メニューは、生そばあずま全店で夕方4時から楽しめます。 各店で宴会の予約、パーティ盛り(テイクアウト)、...
ランチ

庵寺のうどん&珍むすは関西風の出汁のきいたスープ

  フジスーパー2号店の2階にある日本料理店「庵寺」のうどんと珍むすのお店で、ランチを頂きました。店内はカウンターのみで、店外にはテーブルがあります。昼時で行ったときは満席でしたが、少し待って店内のカウンターに座りました。 フジスーパーの2階ということで、子ども連れのお母さんもいました。 うどんは140Bからあり、キツネうどんを頂きました。大きなお揚げが存在感あります。スープは関西風の透き通った出汁のきいた優しい味わいです。 うどんは柔らかめで、喉越しがよく、見た目以上に食べ応えがあります。お好みで細いうどんも選べます。 お揚げは甘めで、出汁の旨みがしっかりとしみ込んでいます。 ぶっかけうどん、肉うどんも人気です。 珍むすは50Bからあります。うめの珍むすを頂きました。珍むすは自分で巻いて食べるおにぎりで、海苔がパリパリした状態でたべられます。 おにぎりより、ごはんふっくらした食感を楽しめます。 おかかや昆布など、おにぎりと同じ具から、粗引きソーセージ、たこやきなどユニークな具もあります。 11時半から2...
個室がある日本料理店

「蕎麦十番」の挽きぐるみの手打ち蕎麦

  職人による手打ち蕎麦が楽しめる店、スクムビット・ソイ33にある「蕎麦十番」。  同店ではバンコクでは珍しい、挽きぐるみの手打ちそばが食べられます。 蕎麦コースは2000Bからございます。日本語でご相談ください。 ビジネスにも普段使いにも使えて、駐在員に人気の同店は、カウンター席、テーブル席があり、個室は7室ございます。使用したい人は予約をするのが賢明です。まずは予約をどうぞ。 モダンながらも高級感のある店内は、落ち着いてお酒が楽しめると好評です。 同店では、現在、常陸蕎麦とチェンライ産の蕎麦粉をブレンドした打ち立て、切りたての蕎麦を提供しています。 日本酒を豊富に揃えており、日本酒がずらりとディスプレイされた店内は洗練されていてお洒落。日本酒にあう粋なおつまみも多数揃えています。 最初はお酒をゆったりと楽しんでみて下さい。 UBCビルに駐車できます。 5月より日曜日定休日となりますので、ご注意ください。 2018年5月5日 タイ自由ランド掲載 -> スクムビットソイ33の「蕎麦十番...
個室がある日本料理店

「そば切り五の字」と「おでん割烹ひょうたん」は向かい合って営業中

  この3月に1周年を迎えた「そば切り五の字」。トンロー警察の近くソイ・タラロム2にあり、典型的な蕎麦屋とは一線を画した、モダンで粋な雰囲気が印象的です。 「最初の1年は、あっという間に過ぎて行きました」と振り返る店主の五関康隆さん。 オープンして半年後からは、より新鮮な蕎麦を楽しんでもらえるよう、自家製粉を始めました。玄蕎麦(殻のついたままのソバの実)の殻を取り、石臼で蕎麦の実を挽いてそば粉を作る作業をすべて店内で行っています。 そして昨年末には、五の字の道を挟んだ向かい側の一軒家に「おでん割烹ひょうたん」をオープン。 五関さんは2軒目を出すとしたら、おでん屋をやりたいという構想は以前から持っていたそうですが、まだ五の字がオープンして1年も経っていない状態で、5年後になるのか10年後になるのか、時も場所も具体的に決めていたわけではなかったと言います。 しかし五の字の目の前という絶好のロケーションに、少し手を入れれば、すぐに使える状態の一軒家の店舗が空きました。 五関さんは、このタイミング、このロケーション、この条件を満たす...
ランチ

フジスーパー2号店の2階に庵寺のうどん&珍むす

  フジスーパー2号店の2階に日本料理店「庵寺」のうどんと珍むすのお店があります。 うどんは120Bから、珍むすは40Bからあります。珍むすは自分で巻いて食べるおにぎりで、海苔がパリパリした状態でたべられます。ごはんふっくらした食感を楽しめます。のど越しの良いうどんは関西風の出汁のきいた優しい味わいです。 11時半から22時まで、中休みなく営業しているので、中途半端な時間に小腹がすいたときなど重宝します。フジスーパーで買い物の際に、ちょっと立ち寄るのもいいです。店内はカウンターのみで、店外にはテーブルがあります。 和食庵寺はエカマイビッグC3階。ラマ9店にございます。エカマイビッグC1階には、ダイニング庵寺があります。下の広告も参照で。 2018年4月20日 タイ自由ランド掲載 ->庵寺うどん&珍むすのページ ->ダイニング庵寺のページ -> 庵寺のホームページ -> 庵寺のページ ->うどん、そば ->タイの日本料理店 ->居酒屋さん   ...
料理

生そばあずまはバンコクに4店舗で、各店舗で宴会の予約承ります

  生そばあずまは、バンコクに4店舗。焼肉店と、とんかつ店と合わせてあずまグループは現在6店舗展開しています。 あずまを運営するウエストグループは、福岡を中心に日本国内に182店舗展開しており、国外ではタイ以外にアメリカや韓国にも店舗があります。 生そばあずまのバンコク1号店はソイ33にあり、個室もございます。2号店は、半個室がたくさんあり、夕方から仲間とプライベートに一杯やるのにぴったりです。 2号店はフジスーパー1号店も近いので、奥様同士でお買い物の際に立寄るのもよいでしょう。BTSプロンポン駅から徒歩3分です。 3号店は、ソイ49のサミティベート病院の少し奥にあるサービスアパートメントWORAの1階にあります。入り口はアパートのロビーに入ったところです。地下3階までたっぷり駐車場があります。駐車場の入口はソイ49側です。 4号店はタニヤ通りにあります。店内は他の生そばあずま同様の白木を活かした清潔感あふれる和風の造りで、2フロアーに分かれています。2階にはテーブル席の個室が並んでおり、仲間との宴会や家族での会食にぴったりです。...
料理

生そばあずまはバンコクに4店舗

  蕎麦は3玉まで同価格でお馴染みの生そばあずまはバンコクに4店舗あります。 1号店はソイ33にあり、小上がりとテーブル席の個室があります。 2号店は、半個室がたくさんあり、夕方から仲間とプライベートに一杯やるのにぴったりです。居酒屋メニューは、生そばあずま全店で夕方5時から楽しめます。 2号店はフジスーパー1号店も近いので、奥様同士でお買い物の際に立寄るのもよいでしょう。BTSプロンポン駅から徒歩3分です。 ソイ49の生そばあずま3号店は、サミティベート病院の少し奥にある新築サービスアパートメントWORAの1階にあります。地下3階までたっぷり駐車場があります。駐車場の入口はソイ49側です。 全90席で小上がりが5つテーブル個室が3つあります。 4号店は、タニヤ通りにあり、店内は2フロアーに分かれていて、2階には、会食や宴会にぴったりの個室が並んでいます。全店舗で夕方5時からは居酒屋メニューもあるので、平日の夜は仕事帰りの駐在員が多く、3号店では居酒屋メニューに加え串焼きメニューも登場します。 2018年3月5日 タイ...
五の字

「そば切り 五の字」の1周年記念『1,000Bで日本酒銘酒10種類飲み放題』

1周年記念、飲み放題 五の字は3月でオープン1年を迎えられる事となりました。ひとえに皆様のご愛顧の賜物と感謝申し上げます。 さて、前回好評でありました 『1,000B日本酒飲み放題』をこの度やらさせて頂く事となりました。内容は下記となり、前回お日にちのご都合が合わなかった方も今回は3日開催いたしま すのでご参加お待ち申し上げております。 記 第1回目 3月16日金曜日 第2回目 3月24日土曜日 第3回目 3月30日金曜日 内容: 日本酒銘酒10種類 2時間飲み放題 料金: 1,000バーツ ご予約はお申込み順とさせて頂きますので 宜しくお願い申し上げます。 この機会にまたお会い出来ること楽しみにお待ち申し上げております。 店主 五関 2018年3月5日 タイ自由ランド掲載 ->そば切り 五の字のページ ->うどん、そば ->手打ちそばの情報 ->日本料理の情報
ランチ

庵寺のうどん&珍むす

  日本料理店「庵寺」は、フジスーパー2号店の2階にうどんと珍むすのお店をオープンしています。うどんは120Bから、珍むすは40Bからあります。珍むすは自分で巻いて食べるおにぎりで、海苔がパリパリした状態でたべられます。ごはんふっくらした食感を楽しめます。 のど越しの良いうどんは関西風の出汁のきいた優しい味わいです。 11時半から22時まで、中休みなく営業しているので、中途半端な時間に小腹がすいたときなど重宝します。フジスーパーで買い物の際に、ちょっと立ち寄るのもいいです。店内はカウンターのみで、店外にはテーブルが置いてあります。 2018年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->庵寺うどん&珍むすのページ ->ダイニング庵寺のページ -> 庵寺のホームページ -> 庵寺のページ ->うどん、そば ->タイの日本料理店 ->居酒屋さん クリックすると拡大してご覧いただけます ->手打ちそばの情報 ->日本料理の情報...
個室がある日本料理店

七輪で出される「おでん」が評判の、手打ちそばの店「蕎麦十番」

  最大34人の宴会もOKの手打ちそばの店「蕎麦十番」は、2~3階に完全個室が揃っていて、仲間内でくつろげるのが自慢。 どのメニューも手頃な価格で、そば屋のおでんも200バーツでとっても食べ応えがある。着物姿の女性スタッフが七輪でグツグツと煮えた状態で出してくれるおでんはぜひ、この店に来たときに食べていただきたい一品。どのネタもやわらかく、ひかえめなダシのスープもよい。 ごぼうのかき揚げ(100バーツ)も、とってもやわらかいごぼうをサッと揚げており、そばつゆで食べると格別だ! そのほか、納豆磯部揚げ(90バーツ)やアスパラ肉巻き(110バーツ)などもお勧め。 また、向かいの「ば~る」のメニューもオーダーでき、ピザやパスタもいただけます。 焼酎や日本酒もたくさんの種類を日本から取り寄せており、1階のカウンターで1人で楽しむのもよい。 この店のよさは、ちゃんと日本人管理が行き届いていて、味にもクオリティーにも妥協がなく、スタッフの教育もちゃんとできているところ。 駐車場は、スクムビットのソイ33の入り口にあるUBC2ビル内に5時...
料理

「蕎麦十番」の季節のおすすめメニュー

  チェンライ産のそば粉を使った手打ちそばが食べられる店「蕎麦十番」。 季節のおすすめメニューが始まりました。ジュンサイぶっかけ蕎麦、季節の天ぷらせいろをお楽しみください。 日本酒がずらりとディスプレイされた店内は粋でお洒落。落ち着いた雰囲気があり、1階はカウンター席、2階はテーブル席があるので、1人できても数人で来ても楽しめます。 日本酒に合うサイドメニューも豊富に取り揃えています。 場所はスクムビットのソイ33のプロムポン駅近くにあります。 2017年7月5日 タイ自由ランド掲載 -> スクムビットソイ33の「蕎麦十番」のページ -> スクムビットソイ33の「蕎麦十番」のFacebook ->うどん、そば ->寿司十番 のFacebook ->寿司十番のページ ->タイの日本料理店 ->居酒屋さん -> 囲炉裏十番のFacebook ->囲炉裏十番のページ -> イタリアン酒場ザ・ばーるのページ -> イ...
五の字

洒落た雰囲気で楽しむ、こだわりの一品料理と蕎麦「そば切り 五の字」

  トンローのソイ・タラロム2にある「そば切り 五の字」は、和とモダンのバランスの取れたシンプルな内装で、ゆったりと落ち着ける。訪れたのは週末であったが、全28席なので予約をしていった方が賢明だ。 もちろんメインは蕎麦だが、他のメニューにもご店主のこだわりを感じることができる。今回は鮭西京焼き、地鶏手羽素揚げ、板わさ、そしてたこぶつ竜田揚げを頂いた。どれも日本酒に良く合う。 生産者から直接購入している地鶏を使った素揚げは、塩味だけでも堪能できる。最高の環境とえさで育てられた地鶏は、歯ごたえがあり、皮がしっかり厚みがある。そして噛めば噛むほど旨みが出てきて、本来、鶏が持っている野性の味を感じることができる。 板わさのかまぼこは、小田原の名店「丸う」のかまぼこ。本物のわさびを擦っていただく。新鮮なわざびは、鼻にスッと抜けるので、清涼感すら感じる。かまぼこは、今まで食べてきたかまぼこは、一体なんだったのかと思わせるほどの、味わいと心地よい弾力がある。 蕎麦は今回は二八せいろでなく、かけそばを頂いた。かけそばの出汁は、その店の実力がわかると言われるが、...
接待によい和食、割烹、懐石、会席の日本料理店

五十代で一大決心、第2の人生蕎麦打ちにかける、そば切り五の字の五関さん

蕎麦へのこだわり、というのは、どちらかというと作る側の人があるのかも知れない。タイでも、そういったこだわりを持って手打ちそばをつくる日本料理店もあります。 今はタイでは、日本料理ブームで、うどんさえもタイ人は普通に食べていますが、「蕎麦」というのはどうでしょう。タイ人に「蕎麦」は、人気がないように見えますが我々、日本人にとって、こだわりのある手打ち蕎麦を食べるのは楽しいものです。「蕎麦職人」の味ですね。 トンロー警察の近く、ソイ・タラロム2に先月「そば切り五の字」がオープンしました。 「そば切りはこれで終わりというのがないんです。毎日が新しい勉強ですよ」という店主の五関康隆さん(57歳)からは、蕎麦への情熱と徹底したこだわりが伝わってきます。 こだわりの蕎麦屋というと、怖いがんこ親父が店の奥から客をにらみつけているようなイメージがありますが、ソフトな物腰の五関さんは「物作りには徹底してこだわりますが、食べ方はお客さんが美味しいと思う食べ方で、いいんですよ」とにこやかに話します。 五関さんが、蕎麦打ち職人でやっていこうと決めたのは...
宴会、パーティーによい店

「そば切り 五の字」日本の蕎麦屋のこだわりをバンコクでも

トンローのソイ・タラロム2にオープンしている「そば切り 五の字」。 東京の名店「一茶庵」で修業したご店主は、日本でのこだわりは、バンコクでも、こだわって当たり前というポリシーで、それは料理からおもてなしにいたる細部にまで徹底している。 そば粉は国産とチュエンライ産を使い、季節や好みでブレンドの比率を変えるという。 その店の実力がわかると言われるかけそばの出汁は、羅臼昆布、大分産どんこ、本かれかつお節の厚削り、サバ節などで、じっくりととっている。 かけそばのつゆを飲ませてもらったが、出汁の香りがほんのりとではなく、シャープに立ち上がって、こちらに迫ってくる感じがした。力強い味だが、角がなく、いわゆる塩辛さはない。飲んだ後、しばらく余韻があり、もっと飲みたくなるつゆだ。 そして生産者から直接購入している地鶏を使った料理も、ぜひ楽しんで欲しい。 最高の環境とえさで育てられた地鶏は、歯ごたえがあり、皮がしっかり厚みがある。胸肉も脂がのっていてジューシーだ。旨みがあるので、塩味だけでも堪能できる。 その他、店主自ら...
ランチならココ!

出店場所は自らの足で探す!ウェスト社タイ代表の川野さん

12月初旬にフジスーパーのあるソイ33/1に2号店をオープンする「生そばあずま」。 ちょうど1年前の12月に1号店をソイ33にオープンし、8月には焼肉あずまをソイ31にオープンした。来年はさらに出店のペースをあげてトータル10店舗を目指したいと、運営するウエスト社タイ代表の川野敦史さんは話す。 最初の3店舗は、不動産業者を通さず、川野さん自身が、自分の足で探したという。 1号店をソイ33にオープンする時は、なんでそんな風俗店街に出すのか、ソイの奥でランチは難しいなど、ネガティブな意見が多かったそうだが、川野さんには、価格に見合ったお客さんが納得できる料理とサービスを提供すれば、多少の立地の悪さは問題ないとの信念があった。 人が良い物件だと言っても、自分の目で見て、自分の頭でよく考えることが大切という。バイクであちこち走り回り、店舗物件を探しているそうだが「やっぱり住んでみないとわからないことは多いですね」と話した。 1号店はオープンすると同時に、予想以上に家族連れが来てくれて、平日は駐在員や旅行者、週末は家族連れと、一週間通して客足...
宴会、パーティーによい店

蕎麦十番で打ち立ての蕎麦と酒を粋に楽しむ

仕事帰りに蕎麦十番に寄った。素材から徹底的にこだわった本格的な日本の手打ち蕎麦が食べられるが、内装はモダンでひとりでも気軽に入りやすい。 豊富な種類の酒が揃っており、その酒にあう一品料理も充実しているのも売りだ。蕎麦十番は、カジュアルにも使えるし、ビジネスでの接待にも使える便利な店だ。 1階のカウンターに座った。職人がカウンター越しに蕎麦を打つのが見える。これからまさに打ち立ての蕎麦を食べられると思うと心が弾む。 海老天せいろをオーダー。待っている間、とんとんとんとリズミカルに蕎麦を切る音を聞いていると、同店のメニューに書いてある「手打ち蕎麦は一期一会」という言葉の実感が湧く。 やって来た蕎麦をまずひと口。やっぱり打ちたては違うと感動。その上品な香りをしばし堪能した。 揚げたての天ぷらはころもがしっかり素材の旨みを閉じ込めていて、口の中はサックリした食感と旨みでいっぱいになる。蕎麦屋の天ぷらはうまいといわれるのに納得。 しばし夢中で食べていたが、カウンターに座っていた先客は、蕎麦をすするときズズッと短い音を立てているのに気...
宴会、パーティーによい店

「生そば あずま」がソイ33にオープン

九州、福岡を中心に、うどん、焼肉、そば、中華、ステーキハウスなどのチェーン店を約200店舗展開しているウエスト社が、今度は12月にスクムビットソイ33に手打ちそばの店「生そば あずま」を新規オープン。 タイでは第1号店となる「生そば あずま」は、日本ではすでに、17店舗展開しており、今回立ち上げに携わっているタイ代表の川野敦史さんは、以前はニューヨークで10年間、ウエスト社の海外支店の立ち上げ・運営に携わってきました。また、日本では約130店舗の運営・管理を行なっていたという、この道一筋のスペシャリスト。 今回はバンコクに店舗を展開するにあたり、本社の社長に「バンコクで骨を埋めるつもりで」と指令を受けてやってきたそうで、日本で様々なジャンルの飲食店を展開しているウエスト社の強みをいかして、バンコクでも、いろいろなタイプの店を展開していきたいと抱負を語ります。 日本では、すでに50年の歴史のあるウエスト社は、もともとドライブインで気軽に来れる飲食店をコンセプトとして、ファミリータイプのレストランを中心にオープンしてきました。 ソイ33の新店舗も、「家族で楽しめる店」にしていきたいとのこと...