パヤナーク戦記

Thumbnail of post image 182

この物語はフィクションであり、登場する人物、団体、場所、事件等は著者の想像によるものです。実在のものとは一切関連がなく、また、実際の出来事に基づくものではありません。 第5話 セベク神の翼に乗って 博士の研究室が突如として激しい揺れに見舞われた。天井からは研究の成果物が雨のように降り注ぎ、書棚はその重みに耐えかねて崩れ落ちた。地震だ。しかし、ただの地震ではない。これは大地震だった。 バオバオが目を ...

パヤナーク戦記

Thumbnail of post image 007

この物語はフィクションであり、登場する人物、団体、場所、事件等は著者の想像によるものです。実在のものとは一切関連がなく、また、実際の出来事に基づくものではありません。 第4話 蘇るマボマボ神 薄暗い地下神殿の階段を降りていくと、わずかなたいまつの炎が壁面を照らし出していました。微かな光の中、年月を経た壁画が浮かび上がります。それは、この島の、いや人類の記憶にもない古い出来事を物語っていました。階段 ...

パヤナーク戦記

Thumbnail of post image 091
第3話 禁断の島への上陸 私はドアを開けていいかどうか迷っていました。周囲は静寂に包まれ、迫りくる何かの気配に身体は緊張し、心拍数は高鳴っただけでなく、ほぼパニックに陥っていました。思考が麻痺し、次になにが起きるのか予測もできず、ただ無意識のうちにドアに向かって手を伸ばしていたのです。 目の前に現れたヌビアの存在を認識した瞬間でした。彼女は黒い長い髪をおろし、その色と同じ漆黒のアフリカの民族衣装の ...

パヤナーク戦記

Thumbnail of post image 104

この物語はフィクションであり、登場する人物、団体、場所、事件等は著者の想像によるものです。実在のものとは一切関連がなく、また、実際の出来事に基づくものではありません。 第2話 大地の守り神 タオの目覚め 私は空から雨のように落ちてくる無数のカニのような生物を見て、ただ祈り続けた。人はこのような絶望的な状況でも祈ることはできるのだ。すると私の頭の中にふと ある考えが浮かんだ”カニのような生物は前に進 ...

パヤナーク戦記

Thumbnail of post image 061

この物語はフィクションであり、登場する人物、団体、場所、事件等は著者の想像によるものです。実在のものとは一切関連がなく、また、実際の出来事に基づくものではありません。 第1話 恐怖、太古の蟹神 真夜中に、私は不気味な音に目覚めた。私はタイの田舎に住んでいる。田舎というと日本の田舎とは少しイメージが異なる。一番近くの隣の家までは歩いて500メートルはある。孤立した小さな家で愛犬ジェットと暮らしている ...