ウーバー

ニュース

デリバリー大手の運賃は30%

テレワークが推進され、自宅待機を強いられ、それらの人向けのビジネスとして活況なのがフードデリバリー。 街中では緑のGrabのロゴ入りのバイクデリバリーが目立つが、そのGrabによると、店からのコミッションは30%に統一しているといい、店からの申し込みは1日に2千店にのぼり、売り上げも6倍の勢いで、4月中にバイクスタッフも35000人を新たに採用し対応している。 一方、対抗馬のフードパンダも同じく、店からのコミッションは30%で、こちらは5万店の登録があるといい、1週間に7000店の新規登録があるという。そのためスタッフを増員して対応している。そのほか、ラインマンも店からのコミッションは20~30%でデリバリーしているという。 2020年4月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->宅配、デリバリー ->食品デリバリー
2020.04.24
ニュース

競争激化!フードデリバリー、Grabは50%以上のシェア?

  バンコクの渋滞が一層、激しくなるとともに、デリバリー事業が広がっており、フード関連ではすでに、フードパンダやラインマン、ウーバーイーツなどが乱立しているが、タイの流通大手セントラルと組んで、シェアは50%以上を獲得したというのがGrab food。 同社によると、タイのデリバリーフード事業の50%以上を獲得しており、今年4ヵ月のデータではすでに400万回のオーダーがあり、昨年1年間では300万回だったので、急増しているという。今年1年のオーダーは2000万回を見込んでいる。 同社は本格的にタイでのフードデリバリーを開始したのは昨年2月からだが、今年1月末にセントラルグループと組んでから、一気にシェアを伸ばしている。 一方、新参で今年2月から進出しているのはGET。インドネシアの配車サービス大手ゴシェックによるもので、GET WIN、GET DELIVERY、GET PAYとともに力を入れているのがGET FOOD。 現在、提携のレストランは2万軒以上で、ドライバーは2万人以上を確保しているといい、タイのバンコクではまだフードデリバリーの利用が少なく、シェア...
2019.08.26
個室がある日本料理店

浪花はバラエティに富んだ定食

  浪花は夜は接待にも利用できる店としてビジネス街では知られているが、酒のつまみはとってもリーズナブルで、居酒屋としても使えます。 ランチタイムは定食に人気があり、ビジネス街シーロムで働く人で賑わっています。  定食が充実していて、ランチタイムには税サ無しとなっています。 またディナータイムにお酒に合う5品がセットになった晩酌セットを始めました。一人前350Bです。その日の仕入れによって内容が変わる事が、ございますのでご了承ください。 また浪花ではGrabFoodによるデリバリーをご利用頂けます。GrabFoodのスマホアプリをダウンロードの上ご利用ください。 Now(www.now.in.th)によるデリバリーも行っております。現在は、タイ語のみのサイトになりますが英語のメニューや料理の写真もありPC、スマホアプリよりご注文頂けます。   2018年7月20日 タイ自由ランド掲載 -> 老舗の日本料理店「浪花」のページ ->エナミグループの公式アプリのホームページ -> Outer RoomのFacebook...
ランチ

ランチセットは230~300バーツで庶民的なタニヤの老舗日本料理店「浪花」

  浪花は、歴史を感じさせる落ち着いた佇まいがありますが、敷居が高いということはなく、気軽に入りやすく在タイ日本人に長きにわたり愛されています。 高品質の素材を活かした丁寧な料理をリーズナブルな価格で提供していることも、浪花が長く愛されている理由で、ランチも人気がありシーロム界隈で働く人々で賑わっています。 定食が充実しており、各種230~300バーツで、ランチタイムは税金サービス料を頂いて降りません。 日本料理店「浪花」は、ご好評頂きました部屋代無料のキャンペーンを、継続しております。全てのお部屋代を無料にさせて頂いております。個室は7部屋揃っており、そのうち2部屋は繋げると、20名ほどが入ることができます。 どの部屋もしっかりした造りの和室で、心からゆったりできます。ロケーションの良さと、このクオリティは、駐在員の接待や宴会、会食にぴったりで、多くの日系駐在員に利用されています。飲み放題と合わせてお集まりの際は、ぜひご利用ください。 飲み放題は2時間でお一人様500Bと800Bのコースがございます。 ウーバーイーツでデリバリーも行...
2018.05.04
ニュース

スマホで呼び出すタクシーが2025年には5倍の市場に

  タイでのタクシーの利用は従来の方法から、スマホなどで呼び寄せる方法が広がっているが、その代表格であるUber(ウーバー)が、12月19日より、スワンナプームタクシー組合と提携し、ウーバーで呼び寄せると同社のタクシーがかけ付けることとなった。4000台以上走っており、車体は緑色。 これまではスマホで呼び寄せるタクシーは登録しておらず、従来のタクシーの運転手らがウーバーで乗車する車や乗客などと問題となることも多かったが、今後は、許可を得た登録車が駆け付けることになる。 一方、Grabの幹部によると、携帯による車のシェアの市場は、東南アジアは世界の中で最も成長が著しいとしており、2025年までに5倍の伸びになるとしている。 また、東南アジアでは、タイがインドネシアに次いで2番目の市場になるという。このため、昨年からGrabは、タクシー運転手と提携して、携帯でのタクシーの呼び寄せを行なっており、運転手側は収入19%増が見込めるとしている。 タイでは、スマホのアプリなどで呼び出すタクシーはウーバー、Grabのほか、Taxi OK、Dacseeなどが参入しており、過当競争とな...
2018.02.09
ニュース

ウーバーのタクシー配車事業はまだ協議中

  全世界74ヵ国、450都市でタクシーの配車サービスを展開しているウーバーだが、タイでは、タクシー業界の反対に合い、タイ警察も違法として処理する方向だが、ウーバー社のタイ担当、シリパーさんは3年間、タイでも事業を行ってきて、タイでの安全な移動などを実現するため現在も、タイ政府と協議をしており、今後は、このようなアプリケーションによるタクシーの需要が高まる、としている。ミャンマーにも進出しており、タイではバンコクだけでなく、チョンブリー、パタヤー、チェンマイ、チェンライなどでも利用することができる、としており、外国人旅行者などにも使いやすいため、今後、ウーバーがタイのタクシー業界の規制等の中で、認められるようになるかどうか、注目される。 2017年7月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報