BTSエカマイ駅周辺の開発、バスターミナルを複合施設に


BTSエカマイ駅周辺の開発、バスターミナルを複合施設に

BTSの駅周辺の開発が注目されているが、日本人の多く住むスクムビット線の駅で、今後、開発が予想されるのがBTSエカマイ駅周辺。駅前にタイ東部行きバスターミナルがあり、所有する交通局では、ホテルやオフィス、商業センターなどが一体となったミクスドユースへの開発を検討しており、コンサルティング会社による調査が行われている。敷地は7ライ余りあり、民間企業への30~50年の賃貸などが考えられるという。

東部へのバスは現在、それほど本数がないとされ、バスターミナルを含めた再開発も検討されている。

また、駅前にあったバーンライカフェーは、家主が契約延長せず、さら地となっているが、ディベロッパーらが買収の交渉を行っている。その横にはホンダのショールームがあるが、その機能等はバンナーへ移っている。

一方、商業ビルとしては駅前にエカマイゲートウェイがあるが、この周辺の開発が今後、注目される。

 

2019年5月5日 タイ自由ランド掲載

 

 


コメント

  1. エカマイ駅周辺はすでにかなり便利になっていると思いますが、バスターミナルの
    土地が開発されると飲食や買い物の選択肢がますます増えて便利になるのでしょうね。

  2. エカマイのバスターミナルは、駅近くの好立地なので、いろいろな用途が考えられそうです。バーンライカフェーは、時々利用していたので、無くなってしまったのは、時代の流れとはいえ一抹の寂しさを感じます。