3空港間の開発事業、CPグループが条件提示


3空港間の開発事業、CPグループが条件提示

タイ東部の経済回廊(EEC)  を進めているタイ政府だが、その中で最も重要な事業となるのが、ドンムアン空港、スワンナプーム空港、ウタパオ空港を結ぶ高速鉄道と、それと合わせて開発するマッカサン地区とシラチャー地区の開発事業。

以上については、すでにその土地などを所有するタイ国鉄道が選定に入っていて、今年1月初めから、タイ最大の商業事業者である CP グループと交渉し、現在、同社からタイ国鉄道に、条件の要望を出しており、それがこの3月5日にタイ国鉄道の回答があり、その後、CPグループが事業を請け負うかどうかが決まる方向だ。

最終的には、選挙ののちの新政府による契約となる見込みだが、 CPグループが提示している条件の要望については、・タイ国鉄道との問題が生じた場合、タイ政府が事業投資への保証をする ・CP が株割合を70%から5%にする・タイ政府が、借入の利子を4%以下に抑える協力をする・事業請負の期間を50年から99年にする・タイ国鉄は、民間と組んで鉄道事業の競合をしない・タイ政府はウタパオ空港の事業が遅れた場合、補償する・マッカサンとシラチャーの開発地区の土地520億バーツは、その土地で収入があってからの支払いとする・高架鉄道を普通の路面鉄道に変えれば、4倍工事費が安い、などを提示しており、タイ政府の対応が焦点となっている。

 

2019年3月5日 タイ自由ランド掲載

 

 


コメント

  1. エアポートレイルリンクの初期にあった特急みたいな感じで、大きい荷物も積みやすい車両ならいいと思います。実際に走り出すまではとにかく待つしかないですけど、新しい路線の開発は楽しみです。