ラムカムヘンで199万から、阪急阪神と組むセーナー開発


ラムカムヘンに建設予定のニッチ・モノ・ラムカムヘン

ラムカムヘンに建設予定のニッチ・モノ・ラムカムヘン

都心では高騰している新規コンドミニアムの値段だが、そのため、ディベロッパーは郊外での開発に力を入れており、特に路線の駅が新設される場所周辺での建設が進んでいる。

阪急阪神ディベロッパー社と組むセーナー・ディベロップメント社はこのたび、ラムカムヘンのソイ36と36/1の間の14ライで、37階、33階、そして7階建て3棟の大規模なプロジェクト「ニッチ・モノ・ラムカムヘン」を発表し、販売価格は199万バーツから520万バーツで、1㎡当たり89000バーツと、都心に比べると、半分以下での価格となっている。

このラムカムヘン周辺は路線の計画が具体的になってきた2年前から土地の購入が進み、そのころは1㎡74000バーツほどだったのが、今では1㎡当たり98000バーツほどになっている。
現在、工事が進んでいるのが、タイ文化センター-ミンブリーまでのオレンジラインで、上の物件はそのフアマーク駅前に建設される。

そのほか、現在、建設中なのがラプラオ-サムローンのイエローライン、ケーラーイ-ラムサーリーのブラウンライン、またケーラーイ-ミンブリーのピンクラインもあり、ラムカムヘン周辺は路線が集まる便利な場所へと変ぼうを遂げる見込みだ。

2019年8月5日 タイ自由ランド掲載

 

 


コメント

  1. BTSシーロム線のタラートプルー駅前にも、阪急のコンドミニアムの建設が進んでいます。日本とタイのデベロッパーが組んでの開発が増えていますが、大手だけでなく日本の中堅デベロッパーの参入も増えそうです。