家購入の潜在需要多い!

家購入の潜在需要多い!

景気が低迷しているといわれるタイだが、コンドミニアムや一軒家、タウンハウスの購入については、活気づいていることがわかった。

3月中旬に開かれたバーン&コンドーの催しでは、昨年の6万人を大幅に上回る8万人が来場し、購入の予約は合わせて40億バーツ以上にもなった。

スパライ社によると、最近、路線近くで次々に建設されているコンドミニアムのほか、今回の催しでは、タウンハウスの購入がそれを上回っており、土地付きの建物で3階建てなどで広さも150㎡ほどあるタウンハウスが好まれている模様。

 

 

2018年4月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

 


 

->タイのニュースの情報