ベトナムへの事業投資が活況

ベトナムへの投資が活況

ベトナムへの投資が活況だ。

外国のブランドネームのフランチャイズが、ベトナムで事業許可を取るケースが急増している。関係省庁によると、183件が許可を取っており、この手のビジネスは1年で15~20%伸びているという。

ロッテリアがベトナムではすでに211ヵ所展開しており、KFCも140ヵ所展開している。そのほか、アメリカ、オーストラリア、韓国、ヨーロッパのブランドネームが進出にしのぎをけずっているという。

日本からもモーモーパラダイスや丸亀製麺、山小屋、吉野家などが進出している。

 

2018年1月20日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

 


 

->タイのニュースの情報

 

 

 

コメント

  1. 10年以上前にベトナムへ行ったとき、あちこちにロッテリアがあり驚いた記憶があります。ベトナムから日本への留学生は多いので、日本の飲食チェーンも進出しやすいかもしれません。