フアランポーン~バンケー8/12より無料開放


フアランポーン~バンケー8/12より無料開放

6月5日、タイ交通省によると、いよいよオープンが間近に迫る地下鉄の延長、フアランポーン~バンケーについては、8月12日より無料開放となり、9月より料金徴収となる。

一方、タオプーン~タープラについては、現在、電気システムなど68%の進捗で、2020年1月1日に無料開放し、来年3月から料金徴収となる見込み。

これらブルーラインのオープンで、1日少なくとも10万人以上が利用すると見込まれている。

2019年6月20日 タイ自由ランド掲載

 

 


 

 

コメント

  1. フアランポーン駅からの延伸部分が8月12日オープンとありますが、8月いっぱいは無料なので川向うまでどんな駅があるのか見に行ってみたいです。駅周辺の景色は何年かすると大変貌することがあるので早めに見ておきたいです。

  2. 開通の予定より2年ほど遅れましたが、やっと開業ということで、BTSシーロム線の利用者が、ブルーラインに分散することで、現在の混雑が緩和されて欲しいです。