パープルライン(バンヤイ-タオプーン)乗客数伸びず


パープルライン(バンヤイ-タオプーン)乗客数伸びず バンコクの路線網は次々に完成しているが、3年前にオープンしたパープルラインのバンヤイータオプーンは、郊外から乗り入れる路線として期待されているが、タイ国鉄道などによると、当初、オープン前に予想していた1日7万人の乗客で、のちは数十万人に増加する、という予想を裏切り、通常14ー42バーツの運賃を1月31日まで14ー20バーツに値下げして、ようやく平日で6万人が7万人へ、土日曜は2万人が3万人に伸びている状態。

しかし、値下げも1月31日で終了し、今後、運賃をどのように改正するか、また検討することになる。

2020年2月5日 タイ自由ランド掲載