パタヤで外国人観光客20%減

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

sumario / Pixabay

パタヤの外国人観光客は、パタヤ副市長によると、世界的な景気低迷のあおりを受け、またバーツ高の影響で2018年の1425万人から減少しており、パタヤのホテルでは宿泊は平均20%減としており、現在はハイシーズンのため、今後の伸びが期待できるという。

トップの中国人観光客も減少し、韓国人もベトナムへと旅行者は流れており、ロシア人も伸びないなか、インド人が昨年からロシア人を抜いて第2位に躍進し、特にインド人は1日の1人当たりの出費が平均1万バーツで、これは中国人の約2倍で、インド映画などで登場するウォーキングストリートなどのロケーションをまわり、おみやげの購入も多いとしている。

一方、海のリゾートのゴミ問題では、外国人観光客やタイ人観光客などで45万人が出入りしており、1人当たり1㌔になるとしており、使い捨てのプラスチックを減らし、またラン島ではプラスチックを使わないなどの取り組みを行っているという。

2019年12月20日 タイ自由ランド掲載