デリバリーで今年は50%増!7つのブランド持つマイナーフード


デリバリーで今年は50%増!7つのブランド持つマイナーフード

タイで有名な7ブランドをレストラン展開するマイナーフードグループによると、7つのブランドを合わせたアプリケーション1112Deliveryにより、デリバリーを開始しており、今年のデリバリーでの収入は50%増を見込んでおり、45億バーツと見積もっており、昨年は30億バーツだった。

展開する7ブランドは、ピザのザ・ピザカンパニー395店舗、アイスクリームのスウェンセン289店舗、サラダのシズラー55店舗、ベーカリー、軽食のデイリークィーン501店舗、ハンバーガーのバーガーキング103店舗、コーヒー、軽食、デザートのコーヒークラブ51店舗、タイ料理のタイエクスプレス14店舗で、統一のデリバリーはバンコクに続いて、パタヤやプーケット、さらに地方都市でも普及させていく。

例えば、バーガーキングではチキンチーズバーガーが1つオーダーで1つ無料のサービスをデリバリー向けのみ行っており、サービスセンターも70ヵ所設け、3000人のデリバリー要員も揃えている。

なお、同社ではベニハナ3店舗なども展開しており、日本料理のデリバリーのレパートリーが増えることも期待される。
7

つのブランドの1つ、バーガーキングでは、新製品を投入して、ここ1~2月の売り上げ停滞を乗り切るとしており、消費者は埃などの大気汚染で、外に出るのを控えたため、売り上げ停滞につながったとしている。

バーガーキングはタイ国内で現在、103店舗あるが、今年は新規に16店を計画しており、特に観光地などの出店を想定していて、プーケット、クラビ、ピピー島など、新規の店舗オープンは1000万から2000万バーツかかるとしている。 また、ダイレクトのデリバリーは今年は30%増を目ざしている。

2019年3月20日 タイ自由ランド掲載

 

 


コメント

  1. デリバリーのオートバイは種類が増えているような気がしていましたが、実際に増えているんですね。暑い日は自宅からネットで簡単に注文できるので便利だと思います。