デジタル地区開発は6月、シラチャーのCATの敷地


デジタル地区開発は6月、シラチャーのCATの敷地

イ東部経済回廊(EEC)については、チャンタブリー、チャチェンサオ、ラヨーンの3県に、外国企業の誘致などもはかり、経済集積地をつくろうというもので、すでに日本や中国なども競って投資を行っているが、デジタル関連企業を集積する場所として、シラチャーのCATの土地569ライが決定し、開発では民間企業の入札が行われているが、その決定を当初の4月24日から6月3日へと延長が決まった。

申し込む企業が十分な準備ができないことを考慮したもので、すでに16社は申し込んでいるが、それによると、ナワナコングループ、CPランド、バーンプー、イーストウォーターグループ、タイコム社、Bクリムパワー社、WHAコーポレーション社、トライタンホールディング社、ラチャブリーファイファー社、チャイナ・レイルウェイ・コンストラクション、チャイナ・コミュニケーション・コンストラクション、ニッセイ・ビルドコーギョー社などとなっており、入居関連企業では、ハードウェイ、スマートディバイス、IOT、ソフトウェア、デジタルコンテンツなどを想定しており、2021年中のオープンを目ざしている。

 

2019年5月5日 タイ自由ランド掲載

 


 

コメント