ニュース 高速鉄道 モノレール タイのニュース タイ国内交通網整備

タイ国内の路線網の整備はこの4月に次々に内閣承認へ

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

タイ国内の路線網の整備4月に次々に内閣承認へ

タイ国内の路線整備については、タイ交通局によると、この4月に内閣にはかるものとして、4つの鉄道路線があり、デンチャイ~チェンマイの事業費600億バーツ、デンチャイ~チェンライ~チェンコーンの事業費760億バーツ、バーンパイ~ナコンパノムの事業費600億バーツ、チラ~ウボンラチャタニーの事業費480億バーツとなっており、内閣の承認ののち、今年中には入札の運びとなる。

一方、バンコク都内の路線整備については、この4月に内閣にはかるものとして、ランシット~タマサート大学の8・9km、タリンチャン~シリラート、タリンチャン~サラヤーの19・5km、バンケー~プッタモントン・サーイ4の8km、タイ文化センター~バンクンノンの13・4kmとなっている。

また、タイと中国によるバンコク~ナコンラチャシーマーの253kmの高速鉄道については、すでに建設が始まっているが、14契約に分かれており、契約1の3・5kmの次の、契約2の11kmについては、中国側が設計を提出しており、そのあと契約3~7、8~14が順次、入札される。

続いての、ナコンラチャシーマー~ノンカイの355kmについては、タイ側が設計をするとしており、ラオスへの開通に向け中国が強く推し進めている。

 

2018年3月20日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

->交通網の整備

 


 

->路線整備の情報

->タイのニュースの情報


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ニュース, 高速鉄道, モノレール, タイのニュース, タイ国内交通網整備
-

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.