アフターユーと組みデザート提供、タイエアアジアが収入増狙う


StockSnap / Pixabay

格安チケットのタイエアアジアによると、チケット以外の付加価値のサービスで収入増をはかっていくとしている。

荷物の重量加算や、機上での食事、ドリンクサービス、デューティーフリー商品販売などが上げられ、2018年は総収入400億バーツのうち、これら食事や商品販売などで7%を占めていて、年々増加しており、今年は1年で2320万人の乗客が見込まれるが、チケット以外のサービスは20%増を見込んでいる。

特に食事、ドリンクサービスではこの10月からタイストリートフードと称して、オムレツ風のパッタイなどが新メニューでまた、2018年以降、有名店 アフターユーと組み、デザートやベーカリーを提供しており、デザートでは1ヵ月3ー4千個販売を目ざしている。これらのサービスはチケット代に含まれておらず、機上での追加料金となる。

またそのほか、タピオカティーなども人気で、通常1ヵ月3ー4千杯だが、ここ数ヵ月は1ヵ月25000杯にもなっているという。

2020年には新たに2ブランドと組んでタイ料理、外国料理などを提供する見込みだ。  

2019年11月5日 タイ自由ランド掲載

 

 


コメント

  1. 格安航空会社の場合は運賃以外はすべて別料金で食事もいろいろな種類から選べるので、デザートの種類が増えると楽しさが増えていいと思います。事前予約の時に選べるようになったら注文する人もたくさんいるんじゃないでしょうか。