アイコンサイアムでカウントダウン2021、2万発の花火は300万人が観賞?16日にチャルンナコン駅オープン

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

この年末年始は多くの地区でイベントの中止などが予想されるなか、タイ観光庁によると、年末年始のカウントダウンについては、アイコンサイアムと組んで、バンコクでは最大規模の「アメージングタイランドカウントダウン2021」を実施するとしており、チャオプラヤー川沿いの、高島屋が入居するアイコンサイアムで、例年通りのカウントダウンが行われるとしている。

アイコンサイアムによると、5000万バーツの予算で、12月31日夜は、芸能人らによるイベントを行い、日本からの花火は2万発以上で、周辺の300万人規模の範囲で、観賞できるとしている。

一方、BTSクルントンブリー駅から、高島屋が入居するアイコンサイアム前のチャルンナコン駅、そしてクロンサン区役所前のクロンサン駅を循環するゴールドラインは、12月16日からオープンすることになった。クリスマス、年末年始のアイコンサイアムへの人出に間に合った格好で、料金は一律15バーツとなる。

2020年12月5日 タイ自由ランド掲載

 

関連リンク