コワーキングスペース、この5年、徐々に増える


コワーキングスペース、この5年、徐々に増える

世界的にコワーキングスペースという働き方が広まり、タイにも入ってきて、海外の大手事業者らが参入しているが、2019年前半ではタイ全体のコワーキングスペースは113280㎡あり、さらに増える見込みのあるのが50000㎡に及ぶとされていて、不動産コンサルティングの調べによると、2015年から徐々にその件数も増えており、中小事業者も参入したが、およそ2000㎡以上の事業者に淘汰されつつあるとしている。

その多くが都心のオフィス街やグレードAのオフィスビルにあり、スクムビットやサイアム、パトムワン、シーロム、サトーンなどとなり、借りる家賃も上昇している状態だ。

2019年10月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

->賃貸オフィス、レンタルオフィス

->タイのニュースの情報

コメント

  1. コワーキングスペースというと、大型ビルの中の一画にあるイメージですが増えているということは、もっといろんなところにあるんでしょうか。日本のインターネットカフェみたいな感じを想像していますが、今度探してみようと思います。