パタヤに19日オープン、お待ちかねのターミナル21

パタヤに19日オープン、お待ちかねのターミナル21

パタヤの新しいランドマークに!と、ターミナル21・パタヤが10月19日にオープンする。北パタヤのロータリー近くで、33ライの敷地で6階建て、延床は18万㎡にのぼり、投資額は60億バーツの大型プロジェクトだ。

グランドセンターポイント・パタヤも10月26日にオープンし、全396室のホテルで、外国人旅行者などの宿泊がターゲットとなる。

すでに、バンコクのアソークで実績のあるターミナル21・アソークに続くプロジェクトで、運営は大手ランドハウス社のグループ会社LHモール&ホテルによる。

同社によると、パタヤはここ2年のうち、毎年10%で旅行者が増えており、今回のショッピングモールは今までパタヤになかったコンセプトによるもので、1日の来場者は5万人以上を見込んでおり、文字通り、パタヤのランドマークに名乗りを上げている。

一方、同社ではターミナル21の開発をバンコクで3~4ヵ所検討しており、ショッピングモールとホテルで合わせて15ライは必要としており、投資額は60億バーツほどとなる見通しで、来年初めにはラマ3世周辺で、ターミナル21の建設工事を開始する見通し。

 

2018年10月5日 タイ自由ランド掲載

 

 

コメント

  1. バンコクにあるターミナル21の名前はそのままなんですね。コラートのターミナル21も名前そのままだったので、このシリーズのまま店舗を増やして行くのかもしれません。

  2. パタヤのターミナル21のオープンにより、パタヤはより幅広い層の観光客を集客できそうです。アソークのターミナル21と雰囲気が違うのか気になります。