Tag Archives: 子宮筋腫

TCMクリニックコラム第2回「生理痛」

ソイ41にオープンしている東洋医学専門の「TCMクリニック」。院長のエミー先生が女性特有の身体の悩みとその解決法を解説する連載コラム。第2回目の今回は「生理痛」についてお話したいと思います。

生理痛に悩む女性はとても多く、なかでも重い症状に毎回悩まされているという人もいることと思います。

生理痛は下腹部の痛みだけでなく、人によっては、腰や足まで痛みが広がる症状もあります。また、生理期間中に症状があるだけでなく、生理日前、生理後に症状があるなど人によって様々です。

東洋医学では生理痛の原因は複数の要因から起こると考えられていますが、その中でも、体内を巡る「気」と「血」の欠乏。または、これらが滞っていることが原因とされます。そのほか、肝臓、腎臓の機能の低下などもあげられます。

個人によっても原因が違いますが、生理痛の改善は治療だけでなく、何が原因なのかをつきとめるカウンセリングと診断がとても重要になってきます。

カウンセリングでは、エミー先生が生理周期や生理の状態ほか、生活環境など詳しく聞いていきます。そのほか、東洋医学特有の診断法として、肌の状態や脈の脈の状態、舌の状態なども細かく診ていくことで、その人の身体の状態を詳しく知ることができます。

治療では、漢方と針を使い、2~3か月の治療期間をめどにプランをたてていきます。

この間、漢方は1週間ごろの処方と、針治療は週に1~2回通うことがのぞましいです。漢方では、痛みを和らげる漢方を中心に処方していきますので、即効性も期待できます。

針治療でも違うアプローチで痛みを緩和していきます。冒頭で説明した「気血の欠乏・停滞」も改善できて、内臓のバランスも整えていきますので、即効性はもちろんのこと、根本的な生理痛の改善も期待できます。

科学的な研究結果でも、針治療はエンドルフィンを増加させ、痛みの伝達物質をブロックし、副腎皮質刺激ホルモンを増加させるなど、痛みを取り除くメカニズムがきちんと利いていることが証明されています。

重い生理痛で悩んでいる人は、一度同クリニックで治療してみませんか?

そのほか、生理日が極端に長い・短い、周期が不安定、不妊症など、女性特有の疾患ならなんでもご相談下さい。

2016年9月5日 タイ自由ランド掲載

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-3


 

->漢方薬の情報

->針治療の情報

->鍼灸治療の情報

 

TCMクリニックコラム第1回「生理期間が短すぎる、または、長すぎる」

ソイ41にオープンしている東洋医学の「TCMクリニック」。院長のエミー先生は女性特有の疾患治療も得意としており、今回より、女性特有の身体の悩み、その治療法についてコラムで連載していきたいと思います。

第1回は「生理期間が短すぎる、または、長すぎる」人の症状についてお話ししたいと思います。

通常は生理期間は約28日周期のうち5日前後続くのが健康な状態とされています。生理日が極端に短い(1~2日程度)、またはだらだら長く続く(7日間以上)という人は、ホルモンバランスが崩れている場合が考えられます。

生理日が長すぎる場合は排卵がきちんと行われていないサインでもあり、また、子宮内膜が分厚くなっている可能性があります。そのため、血液量も多く、重い生理の症状が見られます。

一方、短すぎる、血液量も少なくあっという間に生理が終わってしまうという人は、子宮内膜を育てるホルモンレベルが十分に達していない場合があります。

その他、ストレス、過剰なダイエット、激しすぎる運動、閉経のサイン、体重の急激な増加または減少、子宮内にできたポリープ、子宮筋腫、子宮癌などの場合も考えられます。

生理周期、生理日が安定していることは、身体の健康と大きく関わってきます。症状に心当たりのある人は、同クリニックで治療してみませんか?

まずは、エミー先生とのカウンセリング・診療からはじめます。疾患の原因となっている些細な症状も見逃さず、健康的で安定した周期になるよう、生活習慣などもアドバイスしていきます。

治療は主に、漢方と針で行います。漢方は約1週間ごと調合を変えます。ピルや薬を飲んでいる人でも利用できますので、その場合は相談下さい。

針治療は症状の改善が見られるまで週1~2回続けるのが理想です。

東洋医学では不規則な生理は血液不足、血流の停滞、肝臓・腎臓の不調などが原因とされており、それらを根本的に改善できるよう、針治療を行っていきます。

女性特有の症状で悩んでいる方はこの機会にぜひどうぞ。

 

2016年8月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-3


 

->漢方薬の情報

->針治療の情報

->鍼灸治療の情報

 

 

 

女性特有の疾患治療も「TCMクリニック」にお任せ

体の不調や慢性的な疾患を東洋医学の力で治してみませんか?

スクムビット・ソイ41、タイ自由ランドオフィスの隣にオープンした「TCMクリニック」では、針治療や、漢方、もぐさ治療などで体の不調を治していきます。

院長のエミー先生は、タイ生まれですが、中国の大学で医学を学び、中国政府認定の医師免許を取得した東洋医学のエキスパート。タイではサミティベート病院やバルムンラード病院で勤務していました。

女性特有の疾患治療も得意としており、不妊症、月経痛、子宮内膜炎などで悩んでいる人は、ぜひ一度、相談に来てみて下さい。これらの症状の原因は慢性的な冷えや、冷えを作る生活習慣から起こることが多く、目の下部分のシミ、手足の冷えなどとも関係してきます。このように、日常のちょっとした不調が大病と関係していることも。

これらの疾患は針治療ともぐさ治療と合わせて行い、全身の血流をよくしていくことが重要となります。また、原因となる生活習慣についてもアドバイスしていきます。根本的な治療を目指していきましょう。

その他、月経不順、月経痛、子宮筋腫、乳腺炎、チョコレート嚢腫などの治療も承っています。

ぜひ一度、相談に来てみて下さい。

 

2016年6月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-5


 

->漢方薬の情報

->針治療の情報

->鍼灸治療の情報

 

 

 

 

好評だったソイ41の「スクムビットTCMクリニック」の無料セミナー

先月、ソイ41の「スクムビットTCMクリニック」で東洋医学の無料セミナーが開催されました。 定員人数を越える21名が集まり、東洋医学の観点から考える「インナービューティー」についての講義が行われました。

当日はエミー院長の友人で、中国で活躍しているサイ先生も応援に駆けつけ、日本語での説明が行われました。

東洋医学による「体質」の分類や、体質ごとに起きやすいトラブル。不調を改善するための食材についてなど内容盛りだくさんで、どの内容も、日常のちょっとした習慣からトラブルを防ぐことができるというもので、とても勉強になりました。ぜひセミナー第2弾も開催してほしいですね。

さて、同クリニックの院長エミー先生は、不妊、月経不順、子宮筋腫といった女性特有の疾患治療も得意としており、針、もぐさ、漢方などで治療を行うほか、トラブルの原因となっている生活習慣についてもアドバイスしていきます。体質改善、根本からの治療を行っていきます。

2016年6月5日 タイ自由ランド掲載

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-16

 


 

->漢方薬の情報

->針治療の情報

->鍼灸治療の情報