VAT登記をしてい ない会社は不公平


VAT登記をしてい ない会社は不公平

税務局などによると、税務関連の規制改正などを提案しており、近々、内閣にはかる予定だ。

それによると、18歳以上の人は、所得があってもなくて個人所得の申告をする必要がある、としていること。

また、会社で年間の売上が180万バーツに達しないところは、VAT登記をしなくてもよいとしており、多くの中小の会社がVAT申告を逃れていることに対し、不公平であるとして、正しくVAT登記をして毎月、申告する必要があるとしている。

日本人が代表者でサイン権を持つ会社でも、労働許可証を取らない場合は、VAT登記の必要もないため、毎年の決算をしながらタイで会社を維持しているところもあり、こういったVAT登記をしていない会社が指摘されている。

 

2018年10月5日 タイ自由ランド掲載