ジャパニーズ鍼灸クリニック

ジャパニーズ 鍼灸クリニック

硬結とトリガーポイントの正体とは?

1.そもそも筋肉はなぜ緊張してうっ血を招くのか? 筋肉の伸び縮みは運動神経が発する電気信号で制御されている。筋肉がある姿勢を保とうとしたり精神的に緊張したりすると、運動神経が電気的に興奮して筋肉が収縮したまま硬くなる。これは一時的なもので、電気的な活動を伴わない筋肉の緊張もある。それはエネルギー危機によるもの。 筋肉を作る筋線維は、アクチンとミオシンという収縮タンパクからなる。運動神経からシグナルを受けると、アセチルコリンという神経伝達が分泌される。 するとカルシウムイオンが放出されてアクチンとミオシンが一斉に滑り込み、筋肉が収縮して力を発揮する。 続いて元の長さに弛緩する際には、放出されたカルシウムイオンを取り込む必要があり、その際にはATPという化学物質を分解したエネルギーが使われる。 「うっ血して血流が悪くなると筋肉内のATPが枯渇し、カルシウムイオンの取込みが阻害される為、筋肉が弛緩出来なくなります。」エネルギー不足で弛緩できない筋肉は収縮したままになり、凝りに発展します。 2.硬結とトリガーポイント う...
ジャパニーズ 鍼灸クリニック

コリの正体は「うっ血」

1うっ血とはどういうこと? PC作業や同じ姿勢を続けたり、何らかのストレスを受けたりすると筋肉や筋膜が緊張して硬くなり近くを通る血管が圧迫される。それにより末梢の血液循環が低下するのが、「うっ血」。 うっ血と表裏一体で起こるのが「むくみ」。むくみはうっ血をよりひどくする。細胞から排出された二酸化炭素と老廃物の一部は、血管と並走するリンパ管にも吸収される。 筋肉と筋膜が強張るとリンパ管への回収も滞るため、むくみは一層にひどくなります。 2うっ血が起こりやすいのは毛細血管の静脈エリア 血管は、動脈、静脈、毛細血管の3種類あります。心臓から血液を末梢へ運ぶのが動脈、末梢から血液を心臓へ戻すのが静脈、動脈と静脈の間をつなぐのが極細の毛細血管です。うっ血を起こしやすいのも毛細血管で特に静脈に近いエリアで多発します。 血液を押し出すポンプとなるは心臓。しかし心臓は動脈へ血液を送り出せても、静脈から血液を吸い上げる ことができない。その代りに毛細血管と静脈から血液を戻しているのが筋肉の伸縮。つまりポンプの役割を 担っている、筋肉が緊...
ジャパニーズ 鍼灸クリニック

ぎっくり腰と鍼灸治療

  ある日ある時、何の気なしに動こうとしたら、「ギクッ!」とか「ググッ!」と音にも声にもならない音がカラダを駆け巡り、そのままその場で這いつくばって動けなくなったり、時間を追うごとに動けなくなってしまうという腰部の急激な痛み。 欧米で「魔女の一撃」と呼ばれる「ぎっくり腰」。 椎間関節性腰痛と筋・筋膜性腰痛の2種類に大別されます。   ぎっくり腰の種類   1・椎間関節性腰痛 腰の椎間関節部に捻挫や軽い亜脱臼を起こしてしまうのが、椎間関節性腰痛。同じ姿勢を続けたことで腰部に偏った負荷がかかり、急にそれまでと違う向きの力が加わると、疲れてこわばっていた筋肉や靭帯がその力を支えきれずに、関節部が伸びきって捻挫のような状態になります。 起こしやすい箇所は、主に椎骨の間、椎骨と仙骨の間の関節です。関節間には神経組織が豊富に集まっているので、筋肉性の腰痛より痛みを感じる所要時間は早いです。その痛みは急激で、その場で動けなくなってしまう事もあります。   2・筋・筋膜性腰痛 柔軟性に富む筋肉は、オーバーワークで血行循環が悪くなり、酸素が欠乏し、疲労物質...
ジャパニーズ 鍼灸クリニック

日本人の約2割が不眠症

  最近日本人の5人に1人が不眠に悩まされています。しかし、不眠症で医師に受診する割合が極端に低く、寝る前に酒を飲む比率が最も高ことがことし3月にフランスの製薬会社サノフィ・サンテラボが実施した国際睡眠疫学調査で分かりました。 調査は日本、ドイツ、中国なと10カ国で約3万5000人にアンケート調査し、日本では約1万人が答えました。これほどの大規模な睡眠の国際調査は初めてだそうです。 「睡眠の悩みを訴えている人は全体で25%、日本人では21%だった。その対策は「医師に受診」が欧州などを中心に、半分近くいたのに対し、日本では最下位の8%にすぎなかった。 不眠に悩んで睡眠薬をのむ人は日本人で少なく15%。逆に、不眠を解消しようとして寝る前に酒を飲む人は、日本人が30%と1番多かった。」 ※アンケート調査結果より抜粋 上記からも分かるように不眠症に悩む日本人の医師への受診率の低さは、「行っても不眠は治してもらえない」、「睡眠薬に依存してしまうかもしれない」、と言う不安感から来るものと予想されます。 現に、睡眠薬の長期的使用では依存症...
ジャパニーズ 鍼灸クリニック

ジャパニーズ鍼灸クリニックの高い即効性の美顔鍼

  美容目的での利用が多くなってきた鍼灸治療ですが、どのようなメカニズムで美容効果がもたらされるのでしょうか? 美顔鍼で美しくなれる理由とは? 美顔鍼とは、東洋医学の考えに基づき、鍼灸によって気の流れを良くしたり経穴(ツボ)を刺激することで、顔の悩みを改善する施術です。 鍼で顔の気になる部分の皮膚や筋肉に直接刺激を与えることで、シワ(ほうれい線、額、目の周囲など)やたるみ、シミの改善とリフトアップ、ゆがみの改善、ニキビ(吹き出物)、むくみの解消に高い効果をあげることができるとされます。 日を空けて何度か継続して治療を行なうことで、施術した部分の細胞が活性化します。これにより、コラーゲン生成の促進が期待されるというわけです。また、顔全体を健康的な美肌へと導くことも可能になります。施術を受けた多くの方が、お手入れの際の手触りや化粧ノリが違うなど、変化を実感しています。 効果が生まれるメカニズム 美顔鍼では、鍼を刺し入れする刺激によってサイトカイン(細胞間情報伝達分子となる 生理活性タンパク質)を活性化し、血流を促進することで美顔を目指し...
ジャパニーズ 鍼灸クリニック

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の椎間板ヘルニアと鍼灸治療

  スクムビット・ソイ33/1の入口からすぐのビル内にある「ジャパニーズ鍼灸クリニック」。 今回は椎間板ヘルニアと鍼灸治療について、ご説明します。 椎骨と椎骨の間で、体にかかる衝撃を吸収するクッションの役割をするのが椎間です。 「ヘルニア」は、臓器の一部が本来収まっているべき位置から飛び出した状態を指します。ちなみに、腸の一部が元の位置から飛び出た「脱腸」のことは医学上「鼠径(そけい)ヘルニア」と呼んでいます。 椎間板は概ね2層構造になっていて、内側の「髄核」と呼ばれるゲル状・半液体状の内容物と、それを外側の「線維輪」とよぶ線維で包み込む構造になっています。20歳代から、椎間板は加齢と疲労の蓄積による血行不良や酸素不足で、徐々に内部の水分が失われてきます。 脱水化現象により本来の弾力性や伸縮性を失いはじめると、上下からの過度の圧迫によって、椎間板がつぶれたまま元に戻らなかったり、線維輪が裂けて中の髄核が出てきたりします。 これらは、長時間の不良姿勢や重いものを持ち上げるなどでの腰椎への過度の負担、スポーツ障害、腰椎の捻挫、クシャミなどで起こ...
ジャパニーズ 鍼灸クリニック

ジャパニーズ鍼灸クリニックのプロモーション

吸い玉もしくはカッピングとも呼ばれる治療は、ガラスやプラスチックなどの特別な容器を使って皮膚表面を吸引して行われます。アルコールと火を用いて行うファイアーカッピングや吸引機を用いるものがあります。東洋医学の理論にのっとり、ツボ、経絡上を治療します。 吸い玉(カッピング)は 痛みの治療の他に様々な内臓疾患にも使われます。例えば、気管支炎喘  息、充血、関節炎、消化器官の問題、うつ病、腫れなど幅広く効能があります。 ①血液をきれいにして、血行を良くす ②毒素、老廃物の排出 ③血管など組織を丈夫にする ④内臓器官を活発にし、肌も若返らせる ⑤神経の働きを調整する 吸い玉(カッピング)の最大の効能は血液の浄化と血行の促進です。 吸い玉(カッピング)は体内に溜まった毒素を皮膚表面に引き出し、体外へ追い出す作用があります。容器を患者さんの体からはずすときに、分泌物で皮膚がヌルヌルした状態になっていたり、悪臭がある場合もあります。これは老廃物が皮膚表面に上がってきたことを意味します。体内の老廃物の大半は尿と一緒に排出されますが、皮膚からも汗や皮脂に混ざって...
ジャパニーズ 鍼灸クリニック

ジャパニーズ鍼灸クリニックで幅広い鍼灸治療の効果

鍼治療や整体NBB治療など行う「ジャパニーズ鍼灸クリニック」では、日本人責任者が日本語でカウンセリングしますので、体の不調で悩んでいる方は、まずは一度ご相談下さい。只今NBB治療または鍼灸治療+カッピングセラピー2200Bを初回半額1100B(初診料別途)のプロモーション中。 2017年7月20日 タイ自由ランド掲載 -> ジャパニーズ鍼灸クリニックのFacebook -> 医療-健康-病院-歯科 ->ジャパニーズ鍼灸クリニックの情報 ->鍼灸治療の情報鍼灸治療の情報  
ジャパニーズ 鍼灸クリニック

ジャパニーズ鍼灸クリニックで、ぎっくり腰と鍼灸治療

  ある日ある時、何の気なしに動こうとしたら、「ギクッ!!」とか「ググッ!!」と音にも声にもならない音がカラダを駆け巡り、そのままその場で這いつくばって動けなくなったり、時間を追うごとに動けなくなってしまうという腰部の急激な痛み。 欧米で「魔女の一撃」と呼ばれる「ぎっくり腰」。 椎間関節性腰痛と筋・筋膜性腰痛の2種類に大別されます。 ぎっくり腰の種類 ①椎間関節性腰痛 腰の椎間関節部に捻挫や軽い亜脱臼を起こしてしまうのが、椎間関節性腰痛。 同じ姿勢を続けたことで腰部に偏った負荷がかかり、急にそれまでと違う向きの力が加わると、疲れてこわばっていた筋肉や靭帯がその力を支えきれずに、関節部が伸びきって捻挫のような状態になります。 起こしやすい箇所は、主に椎骨の間、椎骨と仙骨の間の関節です。関節間には神経組織が豊富に集まっているので、筋肉性の腰痛より痛みを感じる所要時間は早いです。その痛みは急激で、その場で動けなくなる事もあります。 ②筋・筋膜性腰痛 柔軟性に富む筋肉は、オーバーワークで血行循環が悪くなり、酸素が欠乏し、疲労物質を蓄積して、硬く...
ジャパニーズ 鍼灸クリニック

鍼灸適応疾患 坐骨神経痛と鍼灸治療

  坐骨神経の経路と分布領域に痛みのあるものを坐骨神経痛と呼んでいます。坐骨神経痛はさまざまな状況によっと発生するので、治療する上でその原因を突き止めることがまず大事です。大多数の坐骨神経痛は神経根性のものと末梢神経性の2種に分類され、もっとも多い原因が神経根性の椎間板ヘルニアと言われてます。 肥厚・癒着性脊髄炎、脊椎分離症、脊椎すべり症が次に多い原因と言われてます。脊椎カリエス、脊椎腫瘍、脊髄梅毒などから起こることもありますがこの場合鍼灸治療の適応症ではありません。 坐骨神経痛の症状としてはお尻、大腿後面、下腿外側および後、足の外側と坐骨神経の走行に沿ってシビレや激しい疼痛をきたします。 急性症の場合は起立・歩行・屈伸などの動作や寒さの刺激の痛みが増します。慢性になると鈍痛や知覚鈍麻を訴えるものが多く侵された部の筋が弛緩したり萎縮したり、血管運動神経が障害され体温が低下し冷たい触感になることがあります。 坐骨神経の治療法 痛止めや座薬などの副作用で胃腸を壊し来院される方が沢山いらっしゃいます。西洋医学では、鎮痛薬・筋弛緩剤などの内服薬や 座...
ジャパニーズ 鍼灸クリニック

ジャパニーズ鍼灸クリニック、ぎっくり腰と 鍼灸治療

  ある日ある時、何の気なしに動こうとしたら、「ギクッ!!」とか「ググッ!!」と音にも声にもならない音がカラダを駆け巡り、そのままその場で這いつくばって動けなくなったり、時間を追うごとに動けなくなってしまうという腰部の急激な痛み。 欧米で「魔女の一撃」と呼ばれる「ぎっくり腰」。 椎間関節性腰痛と筋・筋膜性腰痛の2種類に大別されます。 ぎっくり腰の種類 ①椎間関節性腰痛 腰の椎間関節部に捻挫や軽い亜脱臼を起こしてしまうのが、椎間関節性腰痛。同じ姿勢を続けたことで腰部に偏った負荷がかかり、急にそれまでと違う向きの力が加わると、疲れてこわばっていた筋肉や靭帯がその力を支えきれずに、関節部が伸びきって捻挫のような状態になります。起こしやすい箇所は、主に椎骨の間、椎骨と仙骨の間の関節です。関節間には神経組織が豊富に集まっているので、筋肉性の腰痛より痛みを感じる所要時間は早いです。その痛みは急激で、その場で動けなくなってしまう事もあります。 ②筋・筋膜性腰痛 柔軟性に富む筋肉は、オーバーワークで血行循環が悪くなり、酸素が欠乏し、疲労物質を蓄積して、硬く緊張した...
医療、健康、漢方

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の筋膜に刺激を加え体の動きを改善

筋膜とは何でしょうか。 一般的には結合組織の一つで、いろいろな臓器とか筋、骨を支えているものというイメージを抱いています。「筋膜」を解剖学的に説明すると、さらにいくつかの種類に分類できます。まず、皮下組織のなかにある浅筋膜という層です。日本の文献では、皮下組織自体を浅筋膜と呼んでいることもありますが、皮下組織中の中央にある明確な層です。その下には深筋膜があり、筋を覆う筋外膜、それが筋中に入り込んで、筋束を包み込む筋周膜になり、さらに1本1本の筋線維を包み込む筋内膜になります。これらの膜を総称して、「筋膜」といいます。 筋膜は「第2の骨格」とも呼ばれます。 筋膜は何によって形成されている? 強度と形態を与えるコラーゲン(膠原)線維と、形態記憶性と伸張性を与えるエラスチン(弾性)線維の2種類の線維でできています。  筋膜はコラーゲンとエラスチンの線維が網目のように走っていて、その隙間には細胞間基質(マトリックス)が存在しています。もしコラーゲンとエラスチンの網状構造が高密度化し機能異常を来たすとお互いの線維が自由に動けなくなってしまいます。すると、高密度化によって基質は圧...
医療、健康、漢方

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」初回美容鍼灸+カッピングセラピー4000Bを半額の2000B

吸い玉もしくはカッピングとも呼ばれる治療は、ガラスやプラスチックなどの特別な容器を使って皮膚表面を吸引して行われます。アルコールと火を用いて行うファイアーカッピングや吸引機を用いるものがあります。東洋医学の理論にのっとり、ツボ、経絡上を治療します。 吸い玉(カッピング)は 痛みの治療の他に様々な内臓疾患にも使われます。例えば、気管支炎喘  息、充血、関節炎、消化器官の問題、うつ病、腫れなど幅広く効能があります。 ①血液をきれいにして、血行を良くす ②毒素、老廃物を排出する ③血管など組織を丈夫にする ④内臓器官を活発にし、肌も若返らせる ⑤神経の働きを調整する 吸い玉(カッピング)の最大の効能は血液の浄化と血行の促進です。血液は私達の健康維持にもっとも大切な役割を担っているので、血液を常にきれいにサラサラに保つことは最も重要とされ、それに吸い玉(カッピング)は非常に高い効果があります。 吸い玉(カッピング)は体内に溜まった毒素を皮膚表面に引き出し、体外へ追い出す作用があります。容器を患者さんの体からはずすと...
医療、健康、漢方

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:どのようなメカニズムで美容効果がもたらされるのでしょうか?

美容目的での利用が多くなってきた鍼灸治療ですが、どのようなメカニズムで美容効果がもたらされるのでしょうか? 美顔鍼で美しくなれる理由とは? 美顔鍼とは、東洋医学の考えに基づき、鍼灸によって気の流れを良くしたり経穴(ツボ)を刺激することで、顔の悩みを改善する施術です。 効果が生まれるメカニズム 美顔鍼では、鍼を刺し入れする刺激によってサイトカイン(細胞間情報伝達分子となる 生理活性タンパク質)を活性化し、血流を促進することで美顔を目指します。身体が本来備えている免疫機能や自然治癒力を最大限に引き出すことで、表面に現れている症状だけでなく、身体の根本からの回復を目指すというわけです。 美顔鍼のメリット 美顔鍼のメリットをまとめると、以下の5に集約されます。 ①副作用が少ない ②薬品を使用しない ③効果の持続力が高い ④高い即効性を感じられる ⑤身体の内側から健康になる 美を損なう諸問題を「損容性疾患」としてとらえる 顔への美容鍼灸について語る際に、触れておきたいのが「損容性疾患」という言葉です。中医...
医療、健康、漢方

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:帯状疱疹後神経痛と鍼灸治療

帯状疱疹後神経痛に悩む方は少なくありません。帯状疱疹後神経痛を初めとする神経痛一般に鍼灸は大変効果があります。 帯状疱疹とは 帯状疱疹は、水痘ウイルスによって引き起こされる感染症です。 ヘルペスとも呼ばれますが、性病のヘルペスとはタイプの違う、いわゆる水ぼうそうのウイルスのことです。ほとんどの人が体の中に持っているウイルスですが、病気やストレスなどで体力が落ちると、そのウイルスが暴れ出して症状を出すのです。 まず腰痛、腰痛、だるさなどの症状に続き、ピリピリした痛みが始まります。 数日後に痛みの部位に赤く小さな水疱がいくつもできます。最初透明だった水疱は、だんだん濁って血がにじんだり、真ん中が黒くおへそのように窪むのが特徴です。 水痘ウィルスは神経根に潜んでいるため、神経の筋道にそって疱疹ができ、激しい痛みを伴います。脇腹(肋間)と顔面に出ることが多く、肋間では神経支配領域が肋骨に沿って帯状に走っているため、疱疹も帯状に広がります。まさに『帯状疱疹』というわけです。 口の中にも水疱ができ、アフタ(荒れた状態)になりますが、顔面の片側にしか出ないの...
医療、健康、漢方

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:姿勢と呼吸(横隔膜)の関係

まず体の位置関係と横隔膜について。体は左右対称にはできていない。心臓は中心よりやや左側にあり、胃も左側に位置してます。 肝臓は右に位置しており、それにともない、横隔膜の形状も微妙に変化しています。 横隔膜の末端は脊柱や一部大腰筋と連結するため、間接的に身体機能にも影響を及ぼしています。 横隔膜は呼気(吐く)時に上に上がり、空気を外に送り出し吸気(吸う)時は横隔膜は下に下がり、空気が吸い込まれます。 横隔膜がうまく機能している場合はドーム型となり、機能が低下するとフラット型となりやすい。 フラット型の横隔膜側は肋骨が前方突出し、腰部は前傾(反り腰)が強くなります。 一般的に右側の横隔膜は働きやすい。なぜなら、右側は横隔膜の下方に肝臓があり肝臓が支持する分、上方に動きやすい。 左側は横隔膜の上方に心臓が乗った状態で、横隔膜の下方にある胃も支持は弱い。 また右側の大腰筋の方が使いやすいために、右重心が多く右利きも多い傾向にあります。 横隔膜の機能が低下すると生じるのは、前途のように肋骨の前方突出。次に腰...
医療、健康、漢方

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:美顔鍼で美しくなれる理由とは?

美容目的での利用が多くなってきた鍼灸治療ですが、どのようなメカニズムで美容効果がもたらされるのでしょうか? 美顔鍼で美しくなれる理由とは? 美顔鍼とは、東洋医学の考えに基づき、鍼灸によって気の流れを良くしたり経穴(ツボ)を刺激することで、顔の悩みを改善する施術です。 鍼で顔の気になる部分の皮膚や筋肉に直接刺激を与えることで、シワ(ほうれい線、額、目の周囲など)やたるみ、シミの改善とリフトアップ、ゆがみの改善、ニキビ(吹き出物)、むくみの解消に高い効果をあげることができるとされます。 日を空けて何度か継続して治療を行なうことで、施術した部分の細胞が活性化します。これにより、コラーゲン生成の促進が期待されるというわけです。また、顔全体を健康的な美肌へと導くことも可能になります。施術を受けた多くの方が、お手入れの際の手触りや化粧ノリが違うなど、変化を実感しています。 効果が生まれるメカニズム 美顔鍼では、鍼を刺し入れする刺激によってサイトカイン(細胞間情報伝達分子となる 生理活性タンパク質)を活性化し、血流を促進することで美顔を目指します。真皮層や...
医療、健康、漢方

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:吸い玉もしくはカッピングとも呼ばれる治療

吸い玉もしくはカッピングとも呼ばれる治療は、ガラスやプラスチックなどの特別な容器を使って皮膚表面を吸引して行われます。アルコールと火を用いて行うファイアーカッピングや吸引機を用いるものがあります。東洋医学の理論にのっとり、ツボ、経絡上を治療します。 吸い玉(カッピング)は 痛みの治療の他に様々な内臓疾患にも使われます。例えば、気管支炎喘  息、充血、関節炎、消化器官の問題、うつ病、腫れなど幅広く効能があります。 ①液をきれいにして血行を良くす ②毒素、老廃物を排出する ③血管など組織を丈夫にする ④内臓器官を活発にし、肌も若返らせる ⑤神経の働きを調整する 吸い玉(カッピング)の最大の効能は血液の浄化と血行の促進です。血液は私達の健康維持にもっとも大切な役割を担っているので、血液を常にきれいにサラサラに保つことは最も重要とされ、それに吸い玉(カッピング)は非常に高い効果があります。 吸い玉(カッピング)は体内に溜まった毒素を皮膚表面に引き出し、体外へ追い出す作用があります。容器を患者さんの体からはずすときに、分泌物で皮膚がヌルヌルし...
医療、健康、漢方

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:自律神経失調症と鍼灸治療

自律神経について 自律神経には「交感神経系」と「副交感神経系」の二つの神経が存在します。全身のほとんどの器官はこの二つの神経系がバランス良く働くことで適正に保たれています。 呼吸・血液循環・消化吸収・排泄・生殖・内分泌など、自分の意志ではコントロールできない部分のシステムを調整し、生命維持に必要な体内循環を整えるのが自律神経の役割です。 こうした自律神経がうまく機能しなくなった状態が、自律神経失調症です。自律神経をコントロールする中枢は視床下部という脳の一部です。 ここは同時にホルモンの分泌中枢の役目もあるため、急激なストレスを受けて自律神経のバランスが崩れると、成長ホルモンや性ホルモンなどのホルモン分泌にも影響がでてきます。 また反対に、更年期に生じる、急激なホルモンバランスの変化は「のぼせ(ホットフラッシュ)・火照り・冷え・不眠・精神不安」などの自律神経失調症状をもたらすことにもなります。 近年の傾向 近年、交感神経の過緊張症ばかりでなく、副交感神経の過緊張症が多くなってきています。その原因は、頭脳活動が増える一方で、重労働や1日の歩行量が減り、身...
医療、健康、漢方

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:頭痛と鍼灸治療

頭痛は大きく分けると下記の4つの分類に分けられます。鍼灸治療の適応となるのは主に以下の3つの症状となります。 1)片頭痛 2)緊張型頭痛 3)群発頭痛 頭痛は慢性化すると、長期間の薬の服用で、薬が効かなくなり頑固な頭痛になります。そのような方にも治療はとっても効果的で、時によっては即効性があります。 治療は主に緊張した頭のまわりの筋肉や、頚、肩のまわりの筋肉をほぐし、頭への血行を正常にし、筋緊張緩和だけでなく、心身のリラクセーション効果も期待できます。 ①緊張型頭痛 頭がしめつけられるような痛み 肩や首の筋肉の緊張によって頭が痛む「緊張型頭痛」は、肩こり人口が多い日本人にはもっとも起こりやすいタイプの頭痛。頭をしめつけられるような重苦しい痛みがいつからともなく始まり、連日ダラダラと続く頭痛です。 緊張型頭痛の特徴 •後頭部から首筋にかけて、ジワーっと両側が痛む •頭を鉄の輪でギリギリとしめつけられるような痛み、頭の上に重石が乗ったような頭重感 •首や肩のこりをともなう •いつとはなしに痛みが始まり、ダラダラと続く ...
医療、健康、漢方

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:小児向けの痛くない鍼『小児鍼』

「鍼」といえば、皮膚に刺す施術をイメージすると思いますが、刺すだけが鍼ではありません。主に小児向けに用いられている、皮膚に刺さない特殊な鍼について解説します ◆ 小児鍼とは? 鍼治療は、早ければ生後2週間から適応であると言われています(個人差があります)。しかし、針状のものを体内に挿入することは恐怖心を与えたり、刺激が強すぎる場合も多くあるため、小児に対しては刺激の少ない鍼を用いられます。いわゆる刺す鍼ではなく、皮膚をさすったり圧迫したりする道具を用いた治療法で、これを小児鍼と呼びます。小児鍼に用いられる道具の一部を紹介します。 ◆ 小児鍼に用いられる鍼 ・いちょう鍼: いちょう型のヘラのようなもので皮膚表面を押したりさすったりする。 ・ローラー鍼(車鍼): 表面に突起が数個ついた小さいローラーの形状で、皮膚の上をコロコロと転がして刺激する。 ・集毛鍼(しゅうもうしん): 先端に小さな鍼が剣山状に集まった形状のもので、先端をポンポンと皮膚に軽く当てて刺激をする。 こちらに挙げたもの以外にも様々な種類があり、いずれも刺さずに押したりさすったりトン...
タイ関連コラム

腰痛はどうやって治す?

長時間のデスクワーク、車での移動、家事や育児などで、タイでも腰痛に悩まされている人は多い。ある日突然ぎっくり腰になることもある。 「腰が痛いからといって、むやみに腰ばかりマッサージしても、かえって逆効果となることが多いんです」と話すのは、あおいニュートンクリニックの日本人責任者である田邉さん。駐在員とその家族を中心に、多く腰痛患者の治療をしている。 腰痛をはじめ様々な痛みの原因になるのは、骨盤のずれで、骨盤はいわば体の土台と、田邉さんは説明した。 骨盤には多くの筋肉が付着しており、何らかの原因で骨盤に付着する筋肉が過緊張を起こすと骨盤を悪い方向へ引っ張るそうだ。 腸腰筋、大腿四頭筋などが骨盤を歪ます原因となる代表的な筋肉で、こういった緊張の強い筋肉を緩めて、骨盤を正常な位置に戻すことで、痛みは消えるという。 これはKYT(Ken・Yamamoto Technic)という世界で活躍する腰痛治療家のケン・ヤマモト氏が考案した人体の理想の骨格の位置に戻すという新しい療法で、その効果的な治療法は、海外でも高く評価され、現在世界中に広がっている。 田邉さんは、日本でヤマモト氏のセミ...
医療、健康、漢方

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:骨盤はほとんど歪まない!?

世間でよく聞く『骨盤が歪む』とは、どういうことか説明したいと思います。 本来動物は四足歩行で、上半身の重さは背骨が支えてくれているのに対し、人間は二足歩行(直立)で背骨、上半身(頭、腕を含む)の重さを支えるのと、さらに内臓も支えなければならないので、動物と比べて人間の骨盤は左右に大きく開いています。 骨盤は寛骨、仙骨、尾骨の3つのパーツからなり、骨盤の関節と呼べるのは仙骨と寛骨の間にある仙腸関節だけで、重さに耐えるために可動範囲もわずかなものなのです。ですので、『骨盤が歪む』のではなく『骨盤の位置(傾き)が変わる』というのが真実なのです。 では、骨盤の位置(傾き)はどのようにして決まるのでしょうか。これは関節をまたいで骨と骨を繋いでいる筋肉の状態に関係しています。筋肉の状態とは、強さ、または、よく負荷がかかる事を意味します(よく使う・する癖など)。 つまり、よく使う、または、する癖=筋肉が縮みやすい=関節の隙間が狭くなる=位置が変わり、傾きが強くなるという図式になります。 ですので、繰り返しの動作や同じ姿勢での作業の環境にいる方というのは、骨盤や体の傾きが強くなる傾向にあると...
医療、健康、漢方

あらゆる症状にアプローチしていく「ジャパニーズ鍼灸クリニック」

東洋医学の鍼灸治療に、骨盤矯正・カイロプラクティクスなどの西洋医学を組み合わせて、あらゆる症状にアプローチしていく「ジャパニーズ鍼灸クリニック」。 スクムビット・ソイ33╱1の入口からすぐのビル内にあり、日本の国家資格を持つ日本人責任者の勝倉さんが常駐。タイ人スタッフも中医学を学んだ医師などが常駐している安心・安全なクリニックです。 鍼治療は様々な体のあらゆる症状に効果的で、体の痛み、シビレ、ギックリ腰、体調不良、倦怠感、肩こり、腰痛、片頭痛、婦人科系疾患、生理痛、月経不順、冷え症、むくみなどの改善に役立ちます。 とはいいつつ、治療を受けたことのない人は「安全なの?痛くないの?」と、ちょっと勇気がいります。 そこで、今回は、タイ自由ランド編集部(男性)が、実際に治療を体験しました。 ★ ★ ★ まずは、勝倉さんが、日本語で丁寧にカウンセリング。 症状としては、肩こり歴はなんと30年、さらには、連日のデスクワークで背中に痛みまで感じ、最近は、頭までしびれるという重症の悩みを訴えました。 丁寧にカウンセリングを進めていくと、日ごろのどの姿...