TLSアソーク校 アソーク駅直結のタイ語学校 タイ語の辞書でおなじみ

学長のポンパン先生が執筆したタイ語辞書や参考書
学長のポンパン先生が執筆したタイ語辞書や参考書
TLSアソーク校でタイ語を学びませんか?
TLSアソーク校でタイ語を学びませんか?

タイ語学校を探している人におすすめなのが、「TLSアソーク校」です。同校は交通アクセスがとっても便利なBTSアソーク駅5番出口から直結のタイムズ・スクエア14階にあり、雨の日でも駅からなら、濡れずに通うことができます。駐車場もあり、車で来る場合には4時間まで駐車無料です。

タイ語がまったくわからないという人も、受付けに日本人スタッフがいて対応してくれるほか、タイ語講師は日本語ができるタイ人なので安心です。

TLS(タイ・ランゲージ・ステーション)は、アソーク校のほか、バンコクにはプロンポン校、トンロー校、シーロム校、郊外にはパタヤ校、シラチャ校があります。

学長を務める藤崎ポンパン先生は、タイ生まれのタイ人と日本人のハーフで、日本人向けにタイ語の辞書やタイ語の参考書をたくさん執筆しており、本屋のタイ語コーナーにいくと、ポンパン先生の本がたくさん並んでいます。一方、タイのテレビ番組にもパーソナリティとして出演しているので、タイ人の間でも有名です。
TLSではポンパン学長が日本に留学した際に語学で苦労した経験をもとに、オリジナルの教材と独自のメソッドでタイ語を教えますので、効率よくタイ語を習得できると評判です。

たとえば日本語で「痛い」という言葉はタイ語では主に「チェップ」と「プアット」の2つがあります。傷が出来た場合などの外的な痛みは「チェップ」、頭痛や腹痛などの内的な痛みは「プアット」と、わずかな時間で2つの言葉の違いと使い方を学ぶことができます。また、日本語のできるタイ語講師が日本語で説明してくれるため、細かいニュアンスも同時に学ぶことができます。

このように、たくさんのシチューエーションで使えるタイ語を中心に学んだり、分かりにくい部分や細かなニュアンスを日本語で教えることにより、ただたくさんの単語を覚えていくよりも効率的に語学を習得できるようになります。

TLSアソーク校は2004年に6月にオープンしてから、2022年までの18年間、1700名が学ばれました。
グループレッスンほか、プライベートレッスン、タイ語検定試験、出張タイ語レッスン、オンラインレッスンなどにも対応しています。詳しくは、日本語で問い合わせてみて下さい。

―*―*―*―*―*―
TLSアソーク校では只今、以下のタイ語コースを通学&オンラインレッスンで開催予定です。

1【みんなで一緒にタイ語コース】

9月14日(水)開講!毎週(月)(水)正午から13時半。10,500バーツで全20日間。教材費込。タイ語初心者の方向け。5名様限定のグループレッスン。
※教材にはテキスト+宿題+発音練習用のCDが付いています。

2【タイ語 日曜日コース】

9月25日(日)開講!毎週(日)13時15分~14時45分まで。10,300バーツで全20日間。教材費込。タイ語初心者の方向け。4名様限定のグループレッスン。

※こちらのコースのテキストにはテキストのCD(別売り)を無料プレゼント。

豊富なメニューで皆様のタイ生活のお手伝いをさせて頂きます。詳細はホームページで確認できます。
下の広告を参照で。

 

タイ自由ランドの紹介ページ TLS タイ・ランゲージ・ステーション

 

Google 口コミ情報 TLSアソーク校

 

ホームページ

 

2022年8月20日 タイ自由ランド掲載

関連リンク