プロポリス原液 キャップが新しくなりました

プロポリス原液 キャップが新しくなりました

キャップがプラスチック製に
キャップがプラスチック製に
中のスポイトは以前と同じ
中のスポイトは以前と同じ

タイで健康食品を販売して30年以上の実績があるEn(エン・ナチュラルフーズ)製の「プロポリス原液」。
今回からキャップがプラスチック製になり、軽く使いやすくいなっています。ボタンの引っ掛かりもなく、とても軽くスムーズになりました。

プロポリスはミツバチが集めた木の芽や樹脂、樹液などにミツバチの線分泌液、蜜蝋などが原料となっており、天然のもので、人工的につくることはできません。ミツバチはプロポリスを巣のすき間を埋めるのに使っており、とても抗菌性が高く、外敵のほか、バクテリアやウィルスの侵入を防ぐ役割も果たしています。
プロポリスはハチにとっては巣を守るための材料ですが、優れた抗菌、抗ウィルス、抗炎症作用などに注目され、古来より健康食品として重宝されています。

プロポリス原液の主な効能としては、生活習慣病予防、老化防止、免疫力増強、感染症予防、抗ストレスなどが挙げられます。

また、酸化防止、組織再生、抗ウイルスにも効果があることも知られており、歯槽膿漏や歯肉炎、歯痛、口内炎、切り傷にも効果があります。

特に口内炎やのどの炎症については、プロポリス原液の愛用者からよく効く!口内炎が1~2日で治った!などの複数の証言をいただいております。

長年飲用している人たちは、毎日飲んで免疫力を高めておきたいということですが、プロポリス原液を飲み始めてから「カゼをひきにくくなった」、「寝起きの目覚めがよくなった」という人も多いです。
タイ自由ランドで販売しているプロポリス原液は22㎖入りで1本1,200バーツです。3本以上のお買い上げで1本1,100バーツ、5本以上のお買い上げで1本1,000バーツとなります。

プロポリス原液の飲み方について、瓶のキャップがスポイトと一体になっていて、ボタンを押して原液を吸い取ることができます。1回の用量としては、3~5滴、1日に1回から3回を飲んで下さい。1本で1~3ヵ月くらいは持ちます。いつでも飲めますが、苦みと刺激が強いので、食前は避けた方がいいでしょう。水で薄めるよりも直接スポイトで舌の上に落として飲むと効果的です。
保存は日光を避けていれば、室内の常温で大丈夫です。冷蔵庫に入れる必要はありません。
自然界の奇跡とも天然の抗生物質とも呼ばれるプロポリスの原液をぜひ、試してみて下さい。商品のご注文は下の広告を参照で。

 

ホームページリンク

 

 

 

ホームページリンク

2021年9月20日 タイ自由ランド掲載

タイ自由ランドの地図

 

関連リンク