タイのバンコクでフリーコピーを発行する「タイ自由ランド」が、タイ料理店の情報を提供しています。

料理店,未分類,タイ料理店

Thumbnail of post image 091
  ここがポイント スクムビット・ソイ41にある「ウォンドゥアン母さんの食堂」は、タイの家庭料理店で、特にクイティアオがおすすめです。その中でも「トムヤムナムトックとゆで卵とムートゥン入り」は絶品。ナムトックの深い味わいとトムヤムのピリ辛さが特徴で、豚肉、豚ひき肉、ルークチン、柔らかく煮込まれたムートゥン、そして米麺がたっぷりと入っており、ボリューム満点で満足感抜群。タイ料理のファンには ...

料理店,未分類,タイ料理店

Thumbnail of post image 005
ここがポイント ニューの一部   おかずのせ1種類 40バーツ おかずのせ2種類 50バーツ おかずのせ3種類 60バーツ       バンコク、タイの首都では、円安の影響とインフレーションにより物価が上昇し続けています。このような経済状況の中でも、手頃な価格で本格的なタイ料理を提供している隠れた名店があります。その名も「ウォンドゥアン」。スクムビット・ソイ ...

タイ料理の接待,未分類,タイ料理店

Thumbnail of post image 100
  ここがポイント メニューの一部 カオソーイ 169バーツ 魚だんご入りタイラーメン 89バーツ 汁なし豚肉入りタイラーメン 139バーツ BBQポークライス 130バーツ クリスピー・ポーク・ライス 130バーツ 汁入り豚肉ライスロール 130バーツ スパイシー・スコータイ・トムヤムヌードル 139バーツ 魚のつみれ入りヌードル 129バーツ カオソーイ 169バーツ イエローカレー ...

料理店,未分類,タイ料理店

Thumbnail of post image 046
    バンコク、プロンポン駅周辺に位置するウォンドゥアン母さんの食堂は、地元のOLやタイ料理愛好者たちにとって昼食時の隠れた宝石です。この屋台風の食堂では、豊富な種類のタイ料理をリーズナブルな価格で提供しており、特に2種類のおかずを盛り合わせたごはんが人気で、たったの50バーツで提供されます。新型コロナウイルスの影響で価格を重視する人が増えた中、この食堂の手頃な価格は多くの人 ...

未分類,屋台ごはん,屋台飯,タイ関連コラム,タイ料理店

Thumbnail of post image 126
日本人の多いプロンポン駅前にはこれまでイサーン料理店が少なかったが、ここにきて、リーズナブルで手頃なこの手の店が増えている。ソイ39を入ってすぐのもんじゃ焼きの「どんどん」が店を構える周辺には、近くのコンパクトなホテルの前にイサーン料理店の屋台が出現して、ここではコームーヤーンがうまい。店の前から駅に向かう道路にはご存じ「イムちゃん」があり、最近はイサーン料理のメニューが充実している。うなぎのさん ...

喫茶,未分類,タイ料理店

Thumbnail of post image 059
  駅から直結のエンポリアムに内にある「サヴァ・モダン・タイランド・フレーバー(Sava Modern Thailand Flavour)」は、タイ料理とアフタヌーンティーがいただけるお店です。  店の名前に「モダン」があるように、スタイリッシュな感じで、いつも食べているようなタイ料理とは違う雰囲気のタイ料理が楽しめ、メニューも種類が豊富に取り揃えてあるので、いろいろな料理を頼みたくなり ...

屋台ごはん,屋台飯,未分類,タイ関連コラム,タイ関連情報,タイ料理店

Thumbnail of post image 023
こんなところにもカオマンガイ屋さんがあったの?というのが、スクムビット・ソイ41を入った路上のストリートフード。メニューは蒸し&揚げの両乗せで60バーツ。水はセルフサービスで無料だ。ここのごはんは少し固めでパラパラチャーハンのような感じだろうか。スープもまずまずよい。タレは辛めで少し甘めだけど、これはこれでよい。プロンポン駅近くでこの値段で食べられれば十分だろう。   Google 口コ ...

ニュース,タイ料理の接待,未分類,タイのニュース,タイ料理店

Thumbnail of post image 020

タイ料理店の認証として、タイ商務省が出している「タイセレクト」について、2022年版は467店が応募し、認められたのが217店だった。 これはもともと、外国にあるタイ料理店などをタイ商務省が、設備や材料などをタイ料理で使うものをちゃんと使用していて「タイ料理店」として認めた店にお墨付きを与えているものだが、これが現在、タイ国内でも認証するようになり、ミシュラン店のように人気が高まりつつあり、また、 ...

タイ関連コラム,タイ料理店

Thumbnail of post image 034

タイ北部料理の「カオソーイ」というと、日本人が好きなタイ料理の1つで、タイラーメンの一種ともいうべきもの。スープはコクのあるココナッツのカレー味。やわらか麺と揚げた麺が半々入っていて、揚げた麺をスープにからませて食べるのもおもしろい。 このカオソーイは、タイ料理店でもなかなか普通、店には置いていないが、BTSプロンポン駅から歩いてすぐの「カオソーイ・ナムニアオ」は、タイ北部の麺類などが食べられる店 ...

タイのニュース,タイ料理店,日本料理店

Thumbnail of post image 057

タイの労働局によると、外国に正規に働きに行くタイ人コックは、2016年8月から10月の間に672人にのぼっており、そのうち日本へが一番多く、116人、続いてアラブ首長国連邦55人、ニュージーランド46人、韓国44人、イギリス37人となっている。 日本ではタイ料理は人気で、また、タイでオープンする日本料理店も多く、タイ人コックの需要が多くあると思われる。 2016年12月20日 タイ自由ランド掲載 ...

タイ関連コラム,タイ料理店

Thumbnail of post image 181
在タイの長い日本人なら、一度は聞いたり、行ったことがあるかもしれない、ランナム通りの有名なイサーン料理店「ティダイサーン」が、先月5月いっぱいで閉店してしまいました。 BTS戦勝記念塔駅降りてすぐのランナム通りは、イサーン料理の店が多い通りとして有名で、ローカル風情が漂いながらも、旅行者が多く訪れる活気のある通りです。 地元に住んでいるタイ人によると「10年位前はランナムに来る日本人旅行者が今より ...

パタヤの生活情報,タイ料理店

Thumbnail of post image 007
海といえば、タイの近場リゾート、パタヤーだが、そのとなりのビーチがジョムティエンビーチ。最近はバンコクからタイ人がどっと押し寄せ、また、中国人の観光バスも大挙やって来て、週末や連休などはシービューのレストランはメチャ混みの状態となっている。 そんななかで、ニンジャ・バーベキュー・ビュッフェが新規オープンしたので紹介しよう。 パタヤに3店ほどある激安のムーカタ食べ放題の店だが、今回はジョムティエンに ...

タイ関連コラム,タイ料理店

Thumbnail of post image 094

エンポリアムの向かいにあるエムクオーティエは、日本のユニクロや本の紀伊国屋なども入っていて行きやすいですが、食事では地下に大きなフードコートがあり、ひと皿60~70バーツからですが、日本人好みのひと皿屋台料理が食べられるので、人気があります。さらに昼時になると、近くで働くタイ人OLらが押しかけていっぱいになります。 実際に店を出しているひと皿飯屋さんなどを誘致したようで、店を選ぶのも楽しいですが、 ...

タイ関連コラム,タイ料理店,日本料理店

Thumbnail of post image 088
ラマ4世通りに先月オープンしたコミュニティー・モール「スアンプルーン・マーケット」へ行ってみました。場所はチャンネル3のビルの向かいなので、すぐわかります。 昔存在した、バンコク初の鉄道の駅舎をイメージしているそうで、シックな外観で、凝ったデザインの格好いい建物です。 サイズ的には普通のコミュニティモールですが、巨大なフードコートが圧巻です。50店舗ほどが出店していて、庶民的なタイ料理から各国の料 ...

料理,未分類,タイ料理店

Thumbnail of post image 088
タイでも円安が加速してさらにインフレで、タイの値段もどんどん上がっているが、ぶっかけ飯のごはんも今では60バーツのところもある。そんななかで、40バーツから食べられて、種類も豊富なのが、スクムビット・ソイ41を入ってセブンイレブンの斜め向かいにあるタイのおかず屋さん。店頭にすでにおかずがずらりと並んでいて、屋台飯ではなく、ちゃんと店内で食べられるのがよい。もちろん、テイクアウトもできる。 一番人気 ...

パタヤの生活情報,タイ料理店

Thumbnail of post image 192

海辺のレストランというと、パタヤやジョムティエンに多いが、わざわざジョムティエンまで行かなくても、パタヤの入り口にもこんな店がありました! 「JE JUK」というシーフード・タイレストラン。スクムビット通り沿いでハイウェイに向かう別れ道のすぐそば。 JE JUK2とJE JUK3があり、どちらも海辺のレストラン。 例えば、パタヤからシラチャーに向かうと、左手に看板があり、左折して入っていきます。奥 ...

タイ料理店

Thumbnail of post image 076
こんなところに隠れ家ホテルがありました。スクムビットのソイ45をずっと歩いて入っていくと、突き当たりにあるホテル。その中に、一般の人でも入れるタイ&イサーン料理店があります。とってもシックな内装で、日本人の主婦のランチでも利用されているようです。ここのイサーン料理はどちらかというと外国人向きの味。個室などもあり、とっても落ち着いた空間ですね。2015年12月20日 タイ自由ランド掲載-> タ ...

タイ関連コラム,パタヤの生活情報,タイ料理店

Thumbnail of post image 020
パタヤでシーフード、というとグーグルで検索すると、上位に出てくるのが「プリチャー・シーフード」という店。パタヤからさらにジョムティエンを通り越してたどりつく店で、今回、さっそく行ってみることにしました。 車で行く場合、場所は非常にわかりづらい。「4パーク・水上マーケット」や「MIMOSA」を通り過ぎて、バーン・アンプービーチのそば。タイ‐オーストラリアの国旗が見えたらUターンし、ナージョムティエン ...

パタヤの生活情報,タイ料理店

Thumbnail of post image 051
  パタヤのジョムティエン地区で、シービューの眺めのよいレストランをあげるとすると、「リンパラピン(Rimpa lapin)」でしょうか。 ジョムティエンを過ぎてスクムビットを車で走り、MIMOSAを過ぎて、アンバサダーホテルを過ぎて、さらにしばらく走ると、左手にナージョムティエンのソイが見えてきて、そのソイ21が見えたらUターンします。ナージョムティエンのソイ38を過ぎて、ソイ36を入 ...

パタヤの生活情報,タイ料理店

Thumbnail of post image 052

  パタヤに車で来て、足を延ばしてジョムティエンまで行くと、子どもたちも楽しめる「グレータ・ファーム」があります。 あまり紹介されていませんが、ソイの中に入って線路を渡ってすぐにあります。駐車場に停めてファームの中に入ると、あまり人はいませんが、ミニパークのつくりで、ミニズーなどもあり、昼からは日差しが強いですが、食事ができる「グレータ・キッチン」もあります。 テラス席は、数人で独占でき ...

タイ関連コラム,パタヤの生活情報,タイ料理店

Thumbnail of post image 145
 パタヤのビーチ沿いで食事といっても、なかなか車を停めるのも難しくて、よい場所を見つけるのは困難だけど、ちょっと足を伸ばしてジョムティエンまで行くと、結構、クオリティーの高いシーフード店が点在するのだ。 ジョムティエンのビーチ沿いを一番奥まで行くと「プーペン」と呼ばれるシーフード店があり、パタヤに10回以上行ったことのある人なら一度は行ったことがあるだろう、というタイ料理店だが、週末など ...

タイ関連コラム,タイ料理店,タイの素材で簡単料理,日本料理店

Thumbnail of post image 020

  節約と健康管理のため、自炊を積極的にするようになりましたが、スーパーで買う野菜は、いつも、キャベツ、ほうれん草、白菜、じゃがいも、などの同じ野菜ばかり。 野菜コーナーには、いかにも栄養がありそうな、名前も知らないタイの野菜が所狭しと並んでおり、「これらを上手く調理できたら、節約にもなるのにな〜」と思ってしまいます。 これは、3食きちんと家族のために料理をする主婦ならなおさらで、「結局 ...

パタヤの生活情報,タイ料理店

Thumbnail of post image 120

  生きたエビ、カニ、そしてシャコがどんどん並べられ、次々に取られていく。簡易のテーブルの上で思い思いに焼く。皿の上は食べたあとの殻でいっぱいだ。 シャコを初めて食べたタイ人も多いかも知れない。エビよりも身がやわらかく食べやすい。甘みもあり、お金を気にしなければどんどん食べてしまいそう。手でちぎるのは難しいので、ちゃんと調理用のナイフまで用意してくれる。主役の座はカニよりもシャコかも知れ ...

店舗物件仲介,タイ料理店

Thumbnail of post image 006

  清潔でオーダーしやすいと、日本人のあいだでも利用者の多いフードコートのひと皿ごはんについて、商務省は、店舗の借り主より、「家賃が高すぎる」との苦情も多く、ショッピングセンターなどの管理者を呼んで家賃を下げるよう、話し合いを持っている。 フードコートなどでは、クーポンで買うため、借り手には直接、現金が渡らないシステムで、売り上げの35%ほどが家賃に取られて、残りをあとで現金で支給される ...

タイ料理店

Thumbnail of post image 200

  最近行ったタイ料理店の話である。 1つ目はオンヌット通りに入り、車で7分ほど行った右手にある「クン・パオ・オンヌット」。文字通り、オンヌットのえび焼き屋さん。オープンエアで、ゆる~い時間が流れていて、居心地がよい。イケスもあってシーフードが売りだ。 ここで「プーパッポンカリー」をオーダーしてみた。知る人ぞ知る「かにの玉子とじ、カレー風炒め」である。味には無頓着風な雰囲気のある店だった ...

タイ料理店

Thumbnail of post image 188
バンコクはチャオプラヤー川に沿って開けた都市ですが、わずかながら海に面した部分があります(地図参照)。実際に行ってみるとマングローブの森が広がる湿地帯が広がっていて、とても住所がバンコクとは思えない程、手つかずの自然が残っています。 海に面していると言っても、ビーチはなく遠浅の干潟が続いているだけで、リゾート開発もできないので、かえって自然が残ったのかもしれません。サイクリング・コースもあり自転車 ...

タイ料理店

Thumbnail of post image 179
軍事政権になり、普通に街中を歩けるようになり、セントラル・ワールド周辺も、警戒することなく、行けるようになりました。 それまでは、デモなどがいつも、ラチャプラソンのセントラル・ワールド周辺を中心に行われたりして、「爆弾が仕掛けられた」など、スクムビット在住の日本人も、わざわざBTSのサイアムやチットロム周辺には行かないようにしていたと思います。 それが、軍事政権になり、安全が確保されて、ようやく、 ...

タイ料理店

Thumbnail of post image 155

先日行ったフア・セン・ホンというシーフード・タイ・レストランがおいしかったのでここで紹介しよう。 スクムビットをずっと行って、ソイ101の角にあり、駐車場もあるのだが、夕方からは満杯で、なかなか停められない。 今回行った日は、夜10時から外出禁止ということで、いつもより車が少なく停められた。 店内のテーブル席は素っ気ない感じだけど、中国系タイ人は知る人ぞ知る、という有名店。ラマ9のセントラルやセン ...

パタヤの生活情報,タイ料理店

Thumbnail of post image 051

南パタヤから少し入った、ジョムティエンビーチも最近は外国人が増えています。この地域にもいろいろなお店が出来ていますが、タイ人に有名なタイ・シーフードの店というと「プーペン」。ジョムティエンに来たら一度はプーペンで食べる、というくらいタイ人には知れ渡っています。 ジョムティエンビーチの一番端。今は道路の工事をしていて、とっても行きづらい。しかし、連休だった当日は超満員の人混み。オープンエアの店内のほ ...

タイ料理店

Thumbnail of post image 044

部屋のコーディネイトをする機会があり、自分ではなかなかアイデアがわかないので、メガバンナーのイケアに行くことにしました。 イケアは生活雑貨やファニチャーをただ置いているだけではなく、部屋の提案をしており、ベッドやテーブルの位置、キッチンやソファなど、ビジュアルで楽しめるのがいいところです。 そして食事となると、イケアの周辺にモール風にレストランが集まっており、休日の午後4時ごろ、そのあたりをぶらつ ...

タイ関連コラム,タイ料理店

Thumbnail of post image 166

先日、日本料理店の店主と話をしていると、自分の店はタイ人客で80%を占めるが、なかなか単価が上がらない、とボヤいていた。居酒屋なのだが、あまりお酒は飲まず、水やソフトドリンク、あとはメインの料理をたのんでずっと長居する。ひどい時は1人単価200バーツの時もあるという。 また、ある店主によると、10人ほどのグループでやって来て、閉店まで居るのかと思うほど、ずっとおり、客が待っている状態だったという。 ...

タイ料理店

Thumbnail of post image 015

ソイ26のらーめんキングの近くにビッグCがあり、その一画の建物に入ると、1階はレストランが並んでおり、スターバックスの手前に「ターサイアム」というタイラーメンを安くで売っている店がある。 しっとり落ち着いた店内で、照明を落としてある。メニューを開くとトップに、クイティアオ・ルア・ナムトック55バーツがあり、昔のアユタヤ式の舟の上で売っていたタイラーメンをイメージしたものでしょうか。 あっさり風のス ...

タイ関連コラム,タイ料理店,日本料理店

Thumbnail of post image 080

今回から始まるタイの素材を使ったサニー先生の簡単料理。地元の韓国料理から日本料理、タイ料理など様々あり、単身者の男性日本人でも作れる!というのも1つのテーマ。 さて、第1回目の素材は、タイの「黄豆」。タイの菓子をほとんど食べない筆者は知らなかったのですが、タイでお菓子をつくるのによく使う素材とか。それを使った韓国の「ひと口チヂミ」を作ってもらいます。 まず質問。「チヂミは韓国料理店でよく食べますが ...

料理,未分類,タイ料理店

Thumbnail of post image 045
  BTSチョンノンシー駅直結のマハナコンキューブ1階にフードコートがオープン!   フードコートに出店しているのは、タイの有名店ばかりで、ミシュランで星を獲得している店もあります。   タイ自由ランドのタイ人セールが有名なパッタイをオフィスに持ち帰ったので、話題のパッタイを頂きました。   バナナの葉で包んであるので、見た目にもおいしそうです。細麺で味つけもしっかりしていて、大きいエビとコームー ...

料理,タイ料理店

Thumbnail of post image 119

野菜やお肉がとっても新鮮なウォンドゥアン・カオケーン屋さんはソイ41の中ほど。材料は前日に近くのクロントゥーイ市場で買い出しし、ストックを置かないというから、とっても新鮮。 パッカナー菜、竹の子、エノキ、パクチーなど、どれも新鮮でびっくりする。   そして2種類のおかずのせごはんが何と50バーツ!ここの店独自のカオケーンの種類もあって、店内で水は無料だから、50バーツぽっきりで昼食がいただける。 ...

料理,タイ料理店

Thumbnail of post image 094

スクムビットのソイ41には、角にトップスがあるが、そのソイを入って、中ソイには日本料理店や中華料理店が集まっているが、その中にタイ料理のひと皿ごはん屋さんがオープンしている。 午前8時から午後5時のオープンで、おかずをごはんの上にのせるスタイルだが、各種おかずのみは40バーツだから、グループで来ておかずを注文して食べると、とってもリーズナブル。 グリーンカレー(ケーンキアオワーン)から豚ひき肉のカ ...

ストリートフード,料理,ニュース,スワンナプーム空港,タイのニュース,タイ料理店

Thumbnail of post image 200

タイスキのCOCAグループのタイ料理店「マンゴツリー」によると、日本でマンゴツリービストロ博多をオープンし、45店目の店舗となったが、今年中には50店を達成する見込み。 そして、2025年までには100店に達するという。また、2035年にはスワンナプーム空港の利用者は年間で82億人にものぼり、持ち帰りのファストフードの需要が高まるとして、同店でもタイ料理として有名な、ガパオライスとカイダオ、カオマ ...

料理,ニュース,外国人旅行者,タイのニュース,タイ料理店

Thumbnail of post image 108

  外国人旅行者の誘致をアピールしているタイでは、タイ料理をもっとアピールして旅行者を呼び込もうと、タイ観光庁などでは、有名なタイ料理などを積極的に紹介している。 CNNトラベルが発表したタイで観光に行く際に食べておくべき40のメニューについて見てみると、どちらかというと欧米人の好みを反映したものともいえるが、これらのメニューを今後、タイ観光庁ではアピールしていきたいとしている。 トムヤムクンやケ ...

ニュース,料理,タイのニュース,タイ料理店

Thumbnail of post image 005

  タイの商務省大臣が語ったところよると、日本人が好きな料理にタイ料理は入っており、特にその中でもカオ・カパオ、カオマンガイが人気があり、それらの料理を日本人の主婦が家庭で作る機会も増えており、そのための材料や料理の素などを輸出して、さらに好きになってもらうことが重要としている。 特に若い主婦らは、外国の料理を好んで作り、その際は、簡単に作れることが重要なため、材料と料理の素を入れるとすぐに簡単に ...

パブ、バー,フュージョン,欧州パブ,店舗物件仲介,携帯、スマホの通話料金,病院、薬局、薬,ダイエット、おけいこ,ゴルフ場予約,リサイクルショップ,洗浄、消臭、除菌、害虫駆除

Thumbnail of post image 051

  タイに住む日本人とともに、日本に住む日本人でタイに来る人などに、効果的に告知するのはタイ自由ランドの広告が一番です。 何といっても、広告料が断然安い! 広告というのは3ヵ月載せてすぐ効果が出るものでもありません。1~2年と継続して、衆知していくのがよい。 そういう意味でタイ自由ランドの広告料は、ほぼ名刺サイズでは、1年契約をすれば1ヵ月分2回掲載で、4640バーツという値段です。広告 ...