タイ料理の接待

料理

ソイ26のタイ・レストラン「マリゴールド」ではタイ自由ランド読者は10%オフ

ソイ26のタイ・レストランの「マリーゴールド」では、伝統的なサムイ島の家庭の味付けをベースにした南部スタイルのタイ料理を楽しめます。 トムヤムクンやカノムチンなど、お馴染みの料理も、一味違います。 トムヤムクンは、溶き玉子が入っているのが南部風で、濃厚で深みのある味わいです。辛味が苦手な方には、マイルドに調整することも可能ですので、スタッフにお申し付けください。 名物のチキンウィングは、ハーブの風味が鶏肉にしみこんでいて、鶏肉の旨味と同時に、清涼感もあります。 店内はモダンで落ち着いた内装で、高級感があります。バーも併設されており、店全体が洗練された雰囲気です。ロフトの部分を使って20人ほどのパーティーも可能です。 タイ自由ランドを見てきた人は9月末まで10%オフのプロモーションを実施中です。 またタイ自由ランドを見てきたお客さんには、アイスクリームを1スクープ無料でご提供します。 場所はソイ26を入って、300mほど進んだ左手にあるCASA LAPINの後ろにあります。15台駐車できるパーキングがあります。 ランチボック...
2019.08.17
料理

アム・デーン・タイフーン、本紙読者にデザート・サービス

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、本紙読者にデザート・サービスの『アム・デーン・タイフーン』を紹介しています。
2019.03.02
料理

スクムビット・ソイ32中華系タイレストラン「アム・デーン・タイフーン」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、スクムビット・ソイ32中華系タイレストラン「アム・デーン・タイフーン」の記事を紹介しています。
2019.01.28
料理

タイ庶民の味から高級料理までのタイ料理店「ルアン・タプティム」

  タイ料理店「ルアン・タプティム」では、本格タイ料理から外国人向けに食べやすくアレンジされたメニューまで、幅広いチョイスがあり、日本から来た人を連れて行くのに抜群のタイ・レストランです。 トムヤムクンやグリーンカレーをはじめとして、香辛料が効いた刺激的なスパイシーさと奥深いまろやかさが融合したルアン・タプティムのタイ料理は、タイ料理が初めてという人にも安心してお薦めできます。 パッタイなど屋台でよく見る庶民の料理もあり、屋台ではちょっと衛生的に不安という人もぜひ試してください。 店舗はスクムビット界隈で、タイ古式の民家の感じで、雰囲気があります。 お皿などもタイ風で、外国人の利用が多いですが、どれも、とても手頃な価格で、気軽に利用できるのもよいです。 店内もとっても、タイの伝統的な内装で、存分にタイに居ることを感じられます。 2018年1月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイ料理店 ->タイ料理の情報
2018.01.12
料理

日本から来た人を連れて行くのにもよいタイ料理店「ルアンタプティム」

  スクムビット界隈で、日本から来た人を連れて行くのにもよいタイ料理店「ルアンタプティム」。タイ古式の民家の感じで、雰囲気があります。お皿などもタイ風で、外国人の利用が多いため、料理も適度な辛さで、日本人の口に合います。 そして、エビやカニなどのシーフードもあり、プーパッポンカリーなど、日本人が好きなタイ・シーフードが揃っています。 例えば、トムヤムクンや、パイナップルに入ったチャーハン、タイ風焼きそばのパッタイなど。 そしてどれも、とても手頃な価格で、気軽に利用できるのもよいです。 店内もとっても、タイの伝統的な内装で、存分にタイに居ることを感じられます。 また、タイ料理もどれも本場の味でありながら、外国人の我々でもおいしくいただけるよう、工夫されています。 場所は、スクムビットのソイ22を少し入った右手にあります。ヒルトンホテルのすぐ近くです。共同の駐車場も完備しています。 年中無休なので、予約の問い合わせもいつでもOK。 2017年12月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイ料理店「ル...
2017.12.29
料理

伝統的なタイの民家の雰囲気を楽しむタイ料理店「ルアン・タプティム」

  スクムビット界隈で、日本から来た人を連れて行くのにもよいタイ料理店「ルアン・タプティム」。タイ古式の民家の感じで、雰囲気があります。 お皿などもタイ風で、外国人の利用が多いため、料理も適度な辛さで、日本人の口に合います。 そして、エビやカニなどのシーフードもあり、プーパッポンカリーなど、日本人が好きなタイ・シーフードが揃っています。 例えば、トムヤムクンや、パイナップルに入ったチャーハン、タイ風焼きそばのパッタイなど。 そしてどれも、とても手頃な価格で、気軽に利用できるのもよいです。 店内もとっても、タイの伝統的な内装で、存分にタイに居ることを感じられます。 また、タイ料理もどれも本場の味でありながら、外国人の我々でもおいしくいただけるよう、工夫されています。 場所は、スクムビットのソイ22を少し入った右手にあります。ヒルトンホテルのすぐ近くです。共同の駐車場も完備しています。 年中無休なので、予約の問い合わせもいつでもOK。 2017年11月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイ...
2017.11.24