うま食堂

ランチ

うま食堂の本店が移転

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、うま食堂の本店が移転についての記事を紹介しています。
2019.09.03
ランチ

うま食堂本店(1号店)が移転

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、うま食堂本店(1号店)が移転の記事を紹介しています。
2019.09.03
ランチ

移転したうま食堂2号店へ行ってみました

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、移転したうま食堂2号店を紹介しています。
2019.09.03
料理店

BTSプラカノン駅周辺で単身者向けの店が急増

  日本人在住者が増加すると共にプラカノン駅周辺には、日系飲食店が徐々に増えてきています。 先月にはBTSの駅の真横のコミュニティモール「サマーヒル」1階に、居酒屋555がオープン。駅直結ともいえる便利なロケーションで、日本人だけでなくタイ人客も多く訪れています。 「サマーヒル」には、レンタルオフィスとコワーキング・スペースを兼ね備えた貸しオフィススペースがあり、隣には今年末に完成予定の「サマーハブ」という6階建てのオフィスビルを建設中。ここで働く人が増えるとプラカノン駅のスクムビット通り偶数側も活気が出てきそうです。 日系飲食店は、駅から徒歩4~5分の通称ピーディー3(Pridi Panomyong 3)と呼ばれるソイ69と71を結ぶ通りに集まっていて、仕事帰りの晩酌などで、ひとりでも気軽に利用しやすい、こじんまりとした雰囲気で、1階にカウンター席、2階、3階に座敷や小上がりといった店が多く、プラカノンに多い日本人単身者の需要に応えた業態といえます。 この様な需要に早くから応え、店舗を増やしていったのが、プラカノンだけで4店舗...
2018.04.26
料理

プラカノンが 変わる!日本人オーナーの店も増加中

  BTS沿線の街は、開発によりどんどん姿を変えていますが、なかでもプラカノン駅周辺は大きく変貌しており、ここ数年で日本人在住者の数も増えてきました。 プラカノン駅の真横(偶数側)で建設中のコミュニティモール「サマーヒル」では、完成部分から入居が始まり、すでにスターバックス、トップス、日系リサイクルショップのトレジャーファクトリーが営業しています。 「サマーヒル」には、レンタルオフィスとコワーキングスペースを兼ね備えたオフィススペースも準備中。今後、店舗とオフィスの入居が進むと、プラカノン駅前の雰囲気と人の流れが変わるでしょう。 駅周辺にはコンドミニアムが続々と建設されていますが、スクムビットの中心部に比べると家賃はまだ安く、単身者が多いので、1ベッドルームやスタジオ・タイプの需要が高くなっています。 また高速道路の入口が近いので、車で郊外の工場に通勤する日本人も多いようです。 現在、プラカノン駅のすぐ横(奇数側)に日系不動産開発業者フージャース・ホールディング社とタイのオール・インスパイア社が共同で、オンヌット(ソイ50...