タイでリタイヤメントビザを取るために80万バーツの預金が必要のため、個人の銀行口座開設の支援を行っています。

ロングステイビザ,リタイヤメントビザ,年金ビザ,高齢者ビザ,ビジネス,滞在ビザ,タイ自由ランド,個人の銀行口座開設,起業、会社設立、会計、経理,ビザ、滞在ビザ

Thumbnail of post image 069

タイで日本人が個人の銀行口座をつくる場合、決まって労働許可証の提示を求められます。そのため、ノービザで30日のスタンプでタイに入った人は、銀行口座はつくれない。 しかし、タイでロングステイ(リタイアメント)ビザを取るためには、タイで自分の銀行口座を開き、80万バーツの預金をしておく必要があります。 そこで実際にエンポリアムにあるバンコク銀行のエンポリアム支店に行くと、在留証明書があれば銀行口座をつ ...

ニュース,個人の銀行口座開設,タイのニュース

Thumbnail of post image 108

タイでは銀行の個人口座などは当局の監視下にはないが、タイ税務局ではこのたび、銀行等での個人口座などで出入金を繰り返しているケースなどで、2020年の3月31日までに、銀行側が対象の個人等の情報を報告するよう、義務付けることになった。   対象となるのは、個人口座等で1年に3000回以上の出入金をしている場合。また、1年で400回以上の出入金及び、200万バーツ以上の取り扱いの場合の2ケース。   ...

90日ごと出頭代行,トラブル解決,裁判と訴訟,国際結婚,個人の銀行口座開設,ビジネス,滞在ビザ,法律,ビジネスサポートタイランド,労働許可証

Thumbnail of post image 031

  こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。 コラム第66回のテーマは、「個人銀行口座の扱い」についてです。 2020年1月から、個人の銀行口座に対する法律が施行されます。 内容は、 ①年間1000回の入出金(振込を含む)がある場合 ②年間400回の入出金(振込を含む)かつ入出金の合計が200万バーツ以上の場合 この2つにあてはまる場合には、銀行口座の入出金について税務署に報告しないといけ ...

個人の銀行口座開設,起業、会社設立、会計、経理

Thumbnail of post image 193

 タイ自由ランドでは、日本人がタイで滞在するためのビザ支援のサービスを行っていますが、その中でロングステイ(リタイヤメント)ビザを取得する場合は、タイのローカル銀行に銀行口座を持っていることが必要になります。しかし、日本人が30日のノービザで入国して、銀行に行っても門前払いを食い、ラチがあきません。ビザを取るために口座を開きたいのに、窓口ではビザがないので口座ができない、ということになります。   ...