HYDOO

ニュース

バンナーで、中国HYDOOら1千億バーツでシティー創設

  EEC東部経済回廊の玄関口として盛り上がるバンナートラート通りだが、その29㎞地点に中国資本による巨大なトラストシティー(TRUST CITY)の工事が始まり、完成は2020年を予定している。 敷地500ライにも及び、ワールドエキシビジョンセンターやホテル、アパートメント、展示会場、会議場、セミナー会場、ウィークエンドマーケット、駐車場3万台などで、延 床は合わせて250万㎡に及ぶもの。 住民5万人の住居など、1つの街として機能するもので、タイ側のロジスティク、不動産事業のベストグループ、そして中国の開発業者「ハイドゥーグループ(HYDOO)」によるもので、投資金額は1000億バーツにのぼる。 2017年12月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイ国内交通網整備 ->バンコクの開発 ->タイのニュース ->交通網の整備の情報 ->大型開発の情報  
2018.01.12