2017-08-30

PCサポートタイランド

PCサポートタイランドのコラム第134回のテーマは、「ネットワークトラブル」について

  こんにちは。PCサポートタイランドの吉田です。コラム第134回のテーマは、「ネットワークトラブル」についてです。 雨期に入って、インターネットが繋がりにくい状況が続いています。インターネットのトラブルの際には以下をチェックしてみて下さい。 1.モデムルーターが正常に動いているのか。   モデムルーターとはインターネット接続のための機器で電話線やTV用ケーブルで繋がっています。こちらのインターネットランプとDSL(もしくはOnline)ランプが点灯していることを確認してください。 2.インターネットの速度がきちんと出ているか。 スピードテストのページ、アプリなどで速度をお調べ下さい。通常ですとDL10M、UL1M以上となります。 これらを確認して、さらにモデムルーターを再起動しても、モデムや速度に問題があるときは電話会社にご連絡下さい。タイはインターネットが非常に不安定です。確認が大事です。 ★★★★★★★ さて、お気に入りのお店紹介第74回は、「あぶり石田」です。ソイ51にできた新店です。串焼きや鶏刺し...
2018.04.06
ベリーモバイル

タイで携帯機種を買うなら修理で困らないベリーモバイルへ

  タイで新しく端末をご購入される時にはどのような条件で選定されておりますでしょうか。タイは日本と違い、簡単にSIMフリー端末をご購入いただけるため、街中の量販店などご購入になられる方も多くいらっしゃいます。購入するのは簡単ですが、アフターサポートはどうなのでしょうか。 街中で購入した端末の修理は原則、購入店舗での修理取次は出来ず、ご自身でメーカーの修理コーナーに持込む必要があります。対応言語はタイ語のみの場合も多く、細かい症状を伝え修理を行ってもらう事は困難です。 また、修理期間中はご自身で別の端末を用意しなければなりません。結果、修理を諦めて新しい端末を買うという方も多くいらっしゃいます。 また、タイでは非正規修理店も複数あり、一度でも非正規で修理されると正規修理が受けられなくなり、症状も改善していないというリスクもあります。 ベリーモバイルで販売している端末には1年間のメーカー保証がついており、保証期間終了後も修理はベリーモバイル経由で行うことができるため安心です。さらに修理期間中の代替機のお貸出も有ります。回線契約と同時にご購入いただく...
不動産

豪華コンドーも売れない!1㎡35万バーツ以上は買い手難しい

  景気低迷の影響を受けない上層の階級をねらった豪華コンドミニアムの販売についても、供給がある程度出てきて、需要は満たされ、今後は減る方向にあるという。 不動産コンサルティング会社などによると、1㎡当たり25万バーツ~30万バーツの物件については、建設される場所やそのクオリティーにより、まだ需要は見込めるが、1㎡当たり35万バーツ以上の物件については販売は難しくなっており、今後、このクラスの物件が出てくるためには、立地、建物のデザイン、施設のサービス内容などが優れていないと難しいとしている。 例えば、サンシリィの98ワイヤレスは60%を売っており、また、ザ・リッツカールトン・レジデンスも70%を売り切っているが、スクムビットのソイ39でAP社が建設するVittorioは、28階建ての88ユニットの物件で、1㎡当たり35万バーツで、1部屋3500万バーツ以上だが、現在のところ15%しか売れておらず、同社によると今年末までには50%を販売したいとしているが、今後、同じクラスの物件が新規に販売されると、それも難しくなるとして警戒している。 そのため、豪華コ...
新築コンドミニアムの販売

頭金のみのタイ人が売りたい!コンドミニアムの売買サイト登場

  タイのバンコクでは毎年、多くのコンドミニアムが売り出されており、購入したタイ人が建物の完成までに支払う頭金の部分で、売りに出す人も結構おり、売買が盛んに行われている。それにもかかわらず、売りたい人、買いたい人を結ぶウェブサイトはほとんどなく、そのようなコンドミニアム売買サイトが求められていたが、今回、新しくできたウェブcozybid.comは、新規に売り出されたコンドミニアムを、頭金で買ったタイ人が売買時に使えるサイト。 創設者は「株の売買のようにプラットフォーム上でコンドミニアムを売買する」と話しており、売りたい人が物件を載せ、値段を提示し、買いたい人が値段交渉をしていき、折り合えば契約成立となる。 双方が販売価格の0.3%を出し、売る方がキャンセルすると、買う人の分は戻ってくる。またこの0.3%が仲介する同社の手数料となる。 少しわかりにくいシステムだが、中古のコンドミニアムの売買が活発なタイで浸透するかどうか。 2017年8月20日 タイ自由ランド掲載 - ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
法律相談

ビジネスサポートタイランドコラムの第33回のテーマは、「損益計算書」について

  コラム第33回のテーマは、「損益計算書」についてです。 「損益計算書」とは、「英語でProfit and Loss Statement 略称ではP/L」と呼ばれる財務諸表の一つです。 基本的には、売上高から費用や損失を引いた額になり、これに対して法人税が課されます。 経費で落とすというのは、この法人税を課す前の税引き前当期純利益から引くことができる費用のことを言います。 経費にできない雑費(その他の費用や使途不明金)の場合には、税引き後の当期純利益から引く形となります。 会社経営しているけど、貸借対照表の読み方がわからないという方は、丁寧に説明してくれる 会計事務所にご相談することをお勧めします。 会計・ビザ・結婚・離婚・トラブルなどお困りのことございましたら何なりとご連絡下さい。ご相談お待ちしております。 2017年8月20日 タイ自由ランド掲載 ->ビジネスサポートタイランドのホームページ ->ビザ、滞在ビザ ->ビザの情報 ->ロングス...
2018.04.06