「すまいの便利屋さん」20年たったキッチンフードが蘇りました、リフォームを依頼したアソークのMM様

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

汚れがこびりついています

汚れがこびりついています

すっかり見違えました

すっかり見違えました

現役引退の換気扇、20年間本当によく働いててくれました

現役引退の換気扇、20年間本当によく働いててくれました

このコラム記事を読んだのがきっかけ

この「すまいの便利屋さん」のコラムを毎回楽しく読ませてもらっています。いろいろな暮らしも見えてきます。

以前このコラムに排煙ダクトクリーニングの記事が載っていました。「そうだ、うちのレンジフードも頼んでみようかな」使って20年になる。この間も自分でキッチン洗剤をスプレーしてこすってみたけど汚れが全然取れなかった。「これは、プロに頼まなくては駄目だ」とおもっていたところだった。

さっそく「すまいの便利屋さん」に来て下見してもらい、打ち合わせをしました。

①レンジフード・ダクトのクリーニング、および ②塗装、③換気扇の交換、をお願いすることにしました。

「プロの仕事は違うのだな」と納得

作業当日、けっこう暑い日でした。スタッフが一生懸命レンジフードの汚れをきれいにしてくれました。実際に作業してみると、油汚れというよりも、塗ってある塗装がひび割れしていて、パリパリと鉄へらで古い塗装をはがす作業になっていました。後からの説明では、もともと、レンジフードに塗ってあった塗料は水性なので、塗料がパリパリはがれたようです。通常こうしたレンジフードに水性塗料は使わないとのことでした。その点、すまいの便利屋さんが使ってくれた塗料は油性でした。こうしたひとつひとつが、本当のプロの仕事は違うのだな、と納得しました。

思っていたよりもずーっとよい出来栄えに満足

古い塗装はがし、塗装を2回塗りし、換気扇取付と、5時間ぐらいかけていました。特にレンジフードは手作りでサイズが変形のため、換気扇の取り付けには苦労したようでした。できあがったのを見ると全く見違えました。色も濃いグレーでお願いしましたが、少しグリーンが入りきれいな色に仕上がりました。20年たったキッチンフードなので、どこまできれいになるかと思っていましたが、想像したよりもずーっとよい出来栄えです。当初クリーニングだけを考えていましたが、換気扇も新しいのに変えてよかったとおもいました。

塗装の時、床に古新聞を敷いて汚れないようにしてくれましたが、それでも床にペンキが飛び散っていました。こうしたペンキの汚れもきれいにふき取ってくれました。当たり前のようですが、タイではこの当たり前ができていないことが多いのです。「すまいの便利屋さん」に、今回、工事をお願いして本当に良かったと思います。満足しています。

 

 

2020年9月5日 タイ自由ランド掲載