3,7のドラマ強い!視聴率競争は激化


ドラマ強い!視聴率競争

タイでのテレビ放送事業については競争が激しくなっており、ニールセン社の調査では、視聴率で圧倒的にナンバー1なのが、7チャンネルで、プライムタイムのドラマが支持を得ており、続いて3チャンネルが続き、昔からのこの2つのチャンネルのドラマはゆるぎなく、特に地方での支持も見逃せない。

また、10位の中で3チャンネル系がone31、3チャンネルSDと3つも入っており、競争が激しい中でも盤石な経営方針といえる。

また、タイ政府系のMCOTは大幅な模様替えを断行しているが12位で、10位にも入れずに、「視聴率争いが激しい」とオーソーモートーでは話している。

2019年2月20日 タイ自由ランド掲載

 

 


 

コメント

  1. タイのドラマは見始めるとついつい続けて見てしまうことがありました。パターンが少なくて、お金持ちの主人公のドタバタや昼のメロドラマみたいなのが多かったです。コメディタッチなお化けものもよくありました。