飲食店、工場では監視カメラは必須

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

飲食店、工場では監視カメラは必須

防犯カメラ、監視カメラというと、ネットで購入できて、簡単に自分で設置することもできますが、飲食店、レストラン、工場などは単体カメラではなく、複数台設置して、録画機能とセットにするのがお得。

また、屋外に設置する場合には雨などに強い防水タイプを選ぶのがよい。あとは当然、パソコンやスマホで確認できるようにしたい。

このように複数台の設置となると、なかなか個人では設置するのは難しい。そこで、タイで日系企業向けのITクラウド、ネットワーク構築、パソコン修理などを行っている「PC-UP」では、日本人技術者が常駐しているので、日本語での対応が可能。

さらに「新規設置からオンラインの使用、修理などすべてまかせてもらって、予算に合わせて費用を抑えることもできます」と、話しているので、ぜひ問い合わせてみてほしい。

タイでは事業を行っている場合、何か事故、事件が起こったのちの事後処理の際、証拠映像として、防犯、監視カメラは欠かせない。特に一軒家やタウンホーム、商業ビルなどは防犯カメラ、監視カメラは必須です。問い合わせは下の広告内の電話まで。

 

2020年11月5日 タイ自由ランド掲載